「Web写真」の版間の差分

論評と助言の削除
(外部リンク切れを修復。)
(論評と助言の削除)
 
一方で[[小林のりお]]は「なぜヤフオク図鑑か」というシリーズで、商品の写真を撮り、その画像を[[Yahoo! オークション]]に掲載することで、その場をWeb写真展の空間にした。(→ 『[[なぜ、植物図鑑か]]』)
 
これらの多様性そのものが「'''Web写真'''」であると言える。
 
被写体としては写真に撮ることの出来るもの全てがこの対象になると思われるが、[[肖像権]]の問題などから[[ポートレート]]や町中で人物を撮った[[スナップ写真]]は少なめである。
 
「インターネットとデジタルカメラがそこにあったから」という消極的な見方もあるが、それまでの写真展、[[写真集]]などでの写真の発表に対して、時間や空間などの制約を受けずに写真を表現する場を得たいという積極的な姿勢も見るべきである。
 
Web写真家として発表する上で気を付けなければいけないのは(Web写真に限らず、ホームページ制作上、当然考えなければならない問題であるが)閲覧者の環境(マシンスペック、[[オペレーティングシステム|OS]]、[[ウェブブラウザ]]、[[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]]の[[キャリブレーション]]や画面サイズ、通信速度)の問題など、制作者の意図通りに表現出来ない部分があるということである。
 
==Web写真家の例==
39

回編集