「自家用自動車」の版間の差分

編集の要約なし
自宅で個人が所有する乗用車はもとより、会社などが社員の送迎や商品の集配に用いるもの、官公庁の公用車、会社の営業車(商業的な運送でなく、企業のルートセールスが多い)なども自家用車として扱われる。これらの自動車は有償での運送が禁止されているので、運送自体は商業的なものでなく、そのため乗用・貨物問わず第一種運転免許で運転出来る。しかし、官公署の公用車(消防・救急・警察など)の一部では緊急用務の際に運転する場合、一定の条件を満たす必要がある。
 
なお、会社や学校の送迎、ホテルや大規模な公衆食堂、娯楽施設専用の客の送迎、官公庁(県・市町村)が保有するバス、いわば自家用バスの場合でも大型第2種免許が必要、と一部誤解されてる向きもあるが、この場合、多数の人を乗せる意味では乗合バスや貸切バスとその輸送形態はよく似ているが、これらの場合は運送行為自体は商業的なものではなく、また不特定多数の人を対象とせず、限られた範囲の人であるので、数十人の人を乗せようと大型1第一種免許でよいのである。しかし、自家用バスの場合は有償運送はもちろん、観光案内をかねた輸送や車内にてカラオケや映画・レコード音楽などを流す事も禁じられている(テレビ放送やラジオ放送はよい)。
匿名利用者