「和碩温恪公主」の版間の差分

m
編集の要約なし
(新しいページ: ''''和碩温恪公主'''(1687年12月31日-1709年)は、康熙帝の十三女(夭逝を除いて第8皇女)。母は敬敏皇貴妃|...')
 
m編集の要約なし
'''和碩温恪公主'''(1687(わせきおんかくこうしゅ、[[1687]][[12月31日-1709]] - [[1709]])は、[[清]]の[[康熙帝]]の十三女(夭逝を除いて第8皇女)。母は[[敬敏皇貴妃|敏妃]]。
 
== 生涯 ==
[[康熙]]26年11月27日([[1687年]]12月31日)に生まれた。康熙45年(1706年)、[[外藩蒙古|モンゴル]]の[[オンニュド旗]]の郡王倉津と結婚した。康熙帝はみずから花婿の家まで送り屆けた。
 
康熙48年6(1709年)6月21日、双生児を産んで、その夜に亡くなった。
 
== 女 ==
* 女子が2人いた
* ボルジギン氏
* ボルジギン氏
 
== 参考文献 ==
* 『清聖祖実録』
 
{{デフォルトソート:わせきおんかくこうしゆ}}
[[Category:清の公主]]
[[Category:康熙帝の子女]]
[[Category:1687年生]]