「国鉄31系電車」の版間の差分

 
=== 交流試験車への改造 ===
1959年5月に、支線区での[[交流電化]](50Hz/20kV)の実用化のための試験車として、モハ11形2両(11250, 11255)が日本初の交流用電車に改造された。簡易式の交流専用電車であるため、駆動方式は現在の[[気動車]]の駆動方式である液体式であり、ディーゼルエンジンを単相交流電動機<ref>この電動機は固定子側で発生する回転磁界による同期速度で回転子が回転する同期電動機であり、電動機が停止している時に交流電源を入れても始動しないため、起動電動機により電動機の回転子を同期速度まで加速させてから駆動させる方式としている</ref>に置き換えた以外はほぼ同じであり、電動機の装架方式は可撓吊り掛け方式という特殊なものであった。また、[[抑速ブレーキ]]には、[[回生ブレーキ]]を使用している。この2両の他、[[交流整流子電動機|単相交流整流子電動機]]を駆動するモヤ94000(後の[[国鉄791系電車|クモヤ791-1]])が新製され、比較が行なわれた。
 
11250は、車体は大井工場、電装品は[[日立製作所]]で製作しており、駆動方式は、交流電源を主変圧器で400Vに降圧した後に出力130kWの[[交流電動機]]を定速回転させて、液体変速機で速度制御された後にシャフトと台車に装備された逆転機を介して1軸を駆動させるトルコン式である。起動停止は気動車で使用されていたクラッチを使用せず、液体変速機のトルクコンバーターの油を出し入れすることで行う。車体は、後位に運転台を新設して両運転台とするとともに、各扉にはステップが取付けられた。前面は大幅に形状が変更され、正面はHゴム支持の3枚連続窓とし、コーナー部には斜めに小判形の小窓を設けた特徴的な形状となった。屋根は完全に張り替えられ、妻部は完全な切妻となり、前照灯は幕板部に埋め込まれた。[[集電装置]]は他に類例のない特異な形状(ビューゲルの上から1/3の部分に関節を設け、そこから上部を垂直に立ち上げたような形)のZ形パンタグラフである。外板は交流用を表すため赤色に塗られ、前面窓下と幕板にはクリーム色の警戒色が入れられた。台車は駆動方式の変更によりDT11Hとなった。
10,803

回編集