「永田俊彦 (医学者)」の版間の差分

ページの白紙化
(改名提案)
(ページの白紙化)
タグ: サイズの大幅な増減
{{改名提案|永田俊彦 (医学者)|date=2016年1月}}
{{Infobox scientist
|name = 永田 俊彦<br />(ながた としひこ)
|image = <!-- (ファイル名のみ) -->
|image_width =
|alt =
|caption =
|birth_name = 永田 俊彦<br />(ながた としひこ)
|birth_date = {{生年月日と年齢|1937|12|5|no}}
|birth_place = {{JPN}}・[[静岡県]][[静岡市]]
|death_date = {{死亡年月日と没年齢|1937|12|5|2010|9|6}}
|death_place = {{JPN}}
|death_cause =
|residence = <!-- 居住 -->{{JPN}}
|citizenship = <!-- 市民権 -->
|nationality = <!-- 国籍 -->{{JPN}}
|field = <!-- 研究分野 -->[[精神医学]]<br />[[精神病理学]]
|workplaces = <!-- 研究機関 -->[[東京医科歯科大学]][[医学部]]<br />[[順天堂大学]][[医学部]]
|alma_mater = <!-- 母校 -->[[東京医科歯科大学]][[医学部]][[医学科]]<br />[[医学博士]]([[順天堂大学]])
|doctoral_advisor = <!-- 博士課程指導教員 -->
|academic_advisors = <!-- 他の指導教員 -->
|doctoral_students = <!-- 博士課程指導学生 -->
|notable_students = <!-- 他の指導学生 -->
|known_for = <!-- 主な業績 -->
|influences = <!-- 影響を受けた者 -->[[島崎敏樹 (精神科医)|島崎敏樹]]<br />[[宮本忠雄]]
|influenced = <!-- 影響を与えた者 -->
|awards = <!-- 主な受賞歴 -->
|author_abbreviation_bot = <!-- 命名者名略表記(植物学) -->
|author_abbreviation_zoo = <!-- 命名者名略表記(動物学) -->
|signature = <!-- 署名(ファイル名のみ) -->
|signature_alt =
|footnotes = <!-- 備考 -->
}}
 
'''永田 俊彦'''(ながた としひこ、[[1937年]][[12月5日]] - [[2010年]][[9月6日]]<ref>[http://www.juntendo.ac.jp/ac/jdayori/pdf/jdayori260_14.pdf 順天堂だより No.260]</ref>)は、[[日本]]の[[医学者]]、[[精神科医]]。専門は[[精神病理学]]。元[[順天堂大学]][[医学部]][[教授]]。[[医学博士]]<ref name="tsuitou">{{Cite journal|和書 |author=市橋秀夫 |title=〈追悼〉永田俊彦先生を悼む |volume=25 |issue=11 |year=2010 |month=11 |journal=精神科治療学 |publisher= |location= |pages=1543-1546 |url= |ref= }} p.1544</ref>。
 
[[1965年]][[東京医科歯科大学]][[医学部]][[神経]][[精神医学]]教室に入局し、[[島崎敏樹 (精神科医)|島崎敏樹]][[教授]]、[[宮本忠雄]][[助教授]]のもとで学んだ。[[村上靖彦 (精神科医)|村上靖彦]]、[[市橋秀夫 (精神科医)|市橋秀夫]]、[[中安信夫]]らと共に[[日本]]の[[精神病理学]]第3世代を代表する人物である。主として[[統合失調症]]の研究を行った<ref name="zadan">村上靖彦、永田俊彦、中安信夫、市橋秀夫『座談 精神科臨床の考え方―危機を乗り越えるべく』メディカルレビュー社(2005)</ref>。
 
== 来歴 ==
{{年譜のみの経歴|date=2015年6月|section=1}}
*[[1937年]][[12月5日]] [[静岡市]]生まれ
*[[1964年]][[3月]] [[東京医科歯科大学]][[医学部]]卒業
*[[1965年]][[4月]] [[東京医科歯科大学]][[医学部]][[神経]][[精神医学]]教室入局
*[[1965年]][[10月]] [[関東労災病院]]神経科勤務
*[[1967年]][[1月]] 私立多摩湖病院勤務
*[[1972年]][[7月]] 成増厚生病院勤務
*[[1975年]][[1月]] [[同愛記念病院]]神経科勤務
*[[1979年]][[7月]] [[医学博士]]号取得
*[[1979年]][[8月]] [[順天堂大学]][[医学部]][[精神医学]]教室講師
*[[1984年]][[5月]] [[順天堂大学]][[医学部]][[精神医学]]教室[[助教授]]
*[[1989年]][[4月]] [[順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院]]副院長
*[[1994年]] [[順天堂大学]][[医学部]][[精神医学]]教室[[教授]]([[臨床教授]])
*[[2002年]][[3月]] 退職(64歳)、同年財団法人順天堂精神医学研究所特別研究員
*[[2010年]][[9月6日]] [[肺がん]]にて逝去<ref name="tsuitou"/>
 
== 学会 ==
*[[日本精神病理学会]]元理事
 
== 著書 ==
=== 編著 ===
*{{Cite book |和書 |author= |year=1995 |month=08 |title=分裂病の精神病理と治療 5 |publisher=[[星和書店]] |isbn=9784791102587 |ref= }}
*{{Cite book |和書 |author= |year=1999 |month=08 |title=精神分裂病 臨床と病理 2 |publisher=[[人文書院]] |isbn=9784409340257 |ref= }}
 
=== 分担執筆 ===
*{{Cite book |和書 |author= |year=1982 |month=12 |title=分裂病の精神病理 11 |publisher=[[東京大学出版会]] |isbn=9784130610919 |ref= }}
*{{Cite book |和書 |author= |year=1987 |month=12 |title=分裂病の精神病理 16 |publisher=[[東京大学出版会]] |isbn=9784130610964 |ref= }}
*{{Cite book |和書 |author= |year=1989 |month=12 |title=分裂病の精神病理と治療 2 |publisher=[[星和書店]] |isbn=9784791101900 |ref= }}
*{{Cite book |和書 |author= |year=1990 |month=03 |title=現代精神医学大系 年刊版 89-A |publisher=[[中山書店]] |isbn=9784521246314 |ref= }}
*{{Cite book |和書 |author= |year=1998 |month=04 |title=臨床精神医学講座 第1巻 精神症候と疾患分類・疫学 |publisher=[[中山書店]] |isbn=9784521490618 |ref= }}
*{{Cite book |和書 |author= |year=1999 |month=02 |title=臨床精神医学講座 第2巻 精神分裂病 I |publisher=[[中山書店]] |isbn=9784521491615 |ref= }}
 
=== 共著 ===
*{{Cite book |和書 |author=[[村上靖彦 (精神科医)|村上靖彦]]、[[永田俊彦 (精神科医)|永田俊彦]]、[[市橋秀夫 (精神科医)|市橋秀夫]]、[[中安信夫]] |year=2005 |month=4 |title=座談 精神科臨床の考え方―危機を乗り越えるべく |publisher=[[メディカルレビュー社]] |isbn=9784896008265 |ref= }}
 
== 論文 ==
{{内容過剰|date=2015年5月||section=1}}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=精神病院における治療状況と分裂病者の寛解過程について |volume=18 |issue=9 |year=1976 |month=09 |journal=精神医学 |publisher= |location= |pages=951-957 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=口愛期退行を経過して寛解した一破瓜病者の世界 |volume=5 |issue=11 |year=1976 |month=11 |journal=臨床精神医学 |publisher= |location= |pages=1451-1459 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=在宅慢性分裂病者の精神病理学的特性 —長期在院者との比較から |volume=21 |issue=20 |year=1979 |month=10 |journal=精神医学 |publisher= |location= |pages=1059-1068 |url= |ref= }}(博士論文、授与大学名:順天堂大学、授与年月日:1979年(昭和54年)7月20日、報告番号:乙第390号、学位:医学博士)
*{{Cite journal|和書 |author= |title=精神分裂病の急性期症状消褪直後の寛解後疲幣病相について |volume=23 |issue=02 |year=1981 |month=02 |journal=精神医学 |publisher= |location= |pages=123-131 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=精神分裂病者の放浪について |volume=24 |issue=1 |year=1982 |month=01 |journal=精神医学 |publisher= |location= |pages=19-25 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=分裂病者の「目覚め」の体験と再発 |volume= |issue= |year=1982 |month=12 |journal=吉松和哉(編):分裂病の精神病理 11 |publisher=東京大学出版会 |location=東京 |pages= |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=転居後に発症する幻覚妄想状態-引越妄想病(仮称)について |volume= |issue= |year=1983 |month=12 |journal=村上靖彦(編):分裂病の精神病理 12 |publisher=東京大学出版会 |location=東京 |pages= |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=分裂病の晩期寛解についてー三症例の自験例から |volume= |issue= |year=1984 |month=12 |journal=飯田真(編):分裂病の精神病理 13 |publisher=東京大学出版会 |location=東京 |pages= |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=学会印象記 精神病理懇話会・信州の2年―精神病理学の行方 |volume=7 |issue=1 |year=1986 |month=03 |journal=臨床精神病理 |publisher= |location= |pages=87-89 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=分裂病残遺状態――その症候論(欠陥と残遺) |volume=16 |issue=01 |year=1987 |month=01 |journal=臨床精神医学 |publisher= |location= |pages=5-11 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=分裂病性残遺状態における插話性病理現象についてー残遺状態の理解に向けて |volume= |issue= |year=1987 |month=12 |journal=土居健郎(編):分裂病の精神病理 16 |publisher=東京大学出版会 |location=東京 |pages= |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=寡症状性分裂病の長期経過-三例の自験例から |volume= |issue= |year=1988 |month=12 |journal=吉松和哉(編):分裂病の精神病理 と治療 1 |publisher=星和書店 |location=東京 |pages= |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author= |title=寛解過程論からみた分裂病の治療 |volume=10 |issue=3 |year=1989 |month=09 |journal=臨床精神病理 |publisher= |location= |pages=227-234 |url= |ref= }}
 
=== 共著論文 ===
*{{Cite journal|和書 |author=[[永田俊彦 (精神科医)|永田俊彦]]、[[水嶋節雄]] |title=東京下町の慢性分裂病者について —地域住民の分裂病者に対する許容性とその社会的背景 |volume=20 |issue=5 |year=1976 |month=09 |journal=精神医学 |publisher= |location= |pages=511-518 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author=[[永田俊彦 (精神科医)|永田俊彦]]、他 |title=学会印象記 —精神病理懇話会・宝塚′82印象記 |volume=11 |issue=11 |year=1982 |month=11 |journal=臨床精神医学 |publisher= |location= |pages=1495-1496 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author=[[荒井稔]]、[[桜井信幸]]、[[永田俊彦 (精神科医)|永田俊彦]] |title=強迫症状をもつ精神分裂病の二例 ―「混じる」ことと「交わる」こと |volume=8 |issue=2 |year=1987 |month=06 |journal=臨床精神病理 |publisher= |location= |pages=167-178 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author=[[荒井稔]]、[[永田俊彦 (精神科医)|永田俊彦]] |title=大企業のなかの分裂病者 |volume= |issue= |year=1989 |month=12 |journal= 湯浅修一(編):分裂病の精神病理と治療 2 |publisher=星和書店 |location=東京 |pages= |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author=[[永田俊彦 (精神科医)|永田俊彦]]、[[広沢正孝]] |title=分裂病の自然史試論 |volume=21 |issue= |year= |month= |journal=臨床精神病理 |publisher= |location= |pages=19-25 |url= |ref= }}
*{{Cite journal|和書 |author=[[永田俊彦 (精神科医)|永田俊彦]]、[[上田雅道]]、[[広沢正孝]] |title=世界的規模の妄想世界をめぐって —家族に対する両価的感情を端緒として |volume= |issue= |year=1999 |month=08 |journal=永田俊彦(編):精神分裂病 臨床と病理 2 |publisher=人文書院 |location= |pages=85-112 |url= |ref= }}
 
== 出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連人物 ==
*[[島崎敏樹 (精神科医)|島崎敏樹]]
*[[宮本忠雄]]
*[[中井久夫]]
*[[吉松和哉]]
*[[村上靖彦 (精神科医)|村上靖彦]]
*[[市橋秀夫 (精神科医)|市橋秀夫]]
*[[中安信夫]]
*[[皆川邦直]]
*[[広沢正孝]]
*[[山科満]]
 
== 関連項目 ==
*[[精神医学]]
*[[精神病理学]]
*[[現象学]]
*[[人間学]]
*[[統合失調症]]
*[[分裂病の精神病理]]
*[[精神科治療学]]
 
{{DEFAULTSORT:なかた としひこ}}
[[Category:日本の医学者]]
[[Category:日本の精神科医]]
[[Category:日本の精神病理学者]]
[[Category:順天堂大学の教員]]
[[Category:東京医科歯科大学出身の人物]]
[[Category:静岡市出身の人物]]
[[Category:1937年生]]
[[Category:2010年没]]
7,267

回編集