「バスクラリネット」の版間の差分

 
== 楽器の用途 ==
バスクラリネットは、クラリネットアンサンブルなどの小さな[[アンサンブル]]では全体の音を支えるために使われている。普段は[[チューバ]]のようなベースラインを支える楽器としての役割を与えられているものの、時として主役も与えられる。吹奏豊かで確実に聞こえる低音という特徴を活かし、[[オーケストラ|管弦]]では重要な低音旋律において、[[チェロ]]や[[交響曲コントラバス]]等の演奏に重なることで明快さを与えたり、時には自らソロを担当する。吹奏楽では[[金管]]低音楽器を補うための存在として、また[[ジャズ]]では独奏楽器として使用されている。近年ではソロ楽器としてのレパートリーも増加しており、独奏や、[[ピアノ]]や[[オーケストラ]]、その他の合奏形態との協奏曲なども作られている。
 
== 発明 ==
匿名利用者