「アセトスポラ」の版間の差分

暫定的に更新
m (ボット: 言語間リンク 6 件をウィキデータ上の d:q137449 に転記)
(暫定的に更新)
| 画像キャプション =
| 名称 = アセトスポラ
| ドメイン = [[真核生物]] [[:w:Eukaryota{{sname|Eukaryota]]}}
| 上界階級なし = [[ディアフォレティケス]] {{Sname||Diaphoretickes}}
| 界 = [[リザリア]] [[:w:Rhizaria|Rhizaria]]
| 界階級なし = [[SARスーパーグループ]] {{Sname||SAR supergroup|Sar}}
| 門 = [[ケルコゾア]] [[:w:Cercozoa|Cercozoa]]
| 上門階級なし = [[リザリア]] [[:w:Rhizaria{{sname||Rhizaria]]}}
| 綱 = '''アセトスポラ [[:w:Ascetosporea|Ascetosporea]]'''<br /><small>Sprague, 1979</small>
| 門 = [[ケルコゾア]] [[:w:Cercozoa{{sname||Cercozoa]]}}
| 下位分類名 = 下位分類
| 綱 = '''アセトスポラ [[:w:Ascetosporea|Ascetosporea]]''' {{sname||Ascetosporea}}<br /><small>Sprague, 1979</small>
| 下位分類名 = 目<ref>{{cite journal|author=Bass ''et al.''|year=2009|title=Phylogeny of Novel Naked Filose and Reticulose Cercozoa: Granofilosea cl. n. and Proteomyxidea
Revised|journal=Protist|volume=160|pages=75-109|doi=10.1016/j.protis.2008.07.002}}</ref>
| 下位分類 =
* 略胞子虫 HaplosporidiaHaplosporida
* パラミクサ ParamyxeaParamyxida
* Claustrosporida
* パラディニウム Paradinida
}}
 
'''アセトスポラ'''(Ascetosporea({{sname|Ascetosporea}}、ギリシャ語 ''asketos'' 凝った造りの + ''spora'' 胞子)は主として海産[[無脊椎動物]]に[[寄生]]する[[原生生物]]の一群である<ref>{{cite journal|author=Adl ''et al.''|title=The Revised Classification of Eukaryotes|journal=J. Euk. Microbiol.|year=2012|volume=59|issue=5|pages=429-514|url=http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1550-7408.2012.00644.x/pdf}}</ref>。50種程度と小さなグループだが、これは海産無脊椎動物の寄生虫の研究が進んでいないためであり、おそらくはるかに多くの生物が存在していると想像される。主に'''略胞子虫'''(Haplosporidia)(haplosporidia)類と'''パラミクサ'''(Paramyxea)(paramyxa)類の2群がありいずれも変わった構造の[[胞子]]を作るが、形態的に特に似ているというわけではないため一つの分類群にまとめることには異論も多い
 
==略胞子虫==
 
==単系統性==
略胞子虫類の分類学的位置は19世紀末に認識されて以来議論が多かったが、ともかく1970年代までは[[胞子虫]]に含められていた。パラミクサ類も議論が多く、[[ツボカビ]]や[[胞子虫]]などに分類されてきた。しかし[[電子顕微鏡]]による微細構造観察に基づいて原生生物の分類体系が大幅に見直されることになり、1979年に略胞子虫類とパラミクサ類を合わせてアセトスポラ門(phylum Ascetospora)という独立した門に置くことが提唱された。これはハプロスポロソーム(haplosporosome)と呼ばれる構造が共通して観察されることが根拠である。アセトスポラ門は1980年の国際的合意体系(Levine<ref>{{cite journal|author=Levine ''et al.''|title= A newly revised classification of the protozoa|journal=Journal of Protozoology|year=1980|volume=27|issue=1|pages=37-58|pmid=6989987}}</ref>にも採用されたのだが、その後批判が多く事実上放棄され、それぞれ別の門として取り扱われるようになった。
 
1990年代以降これらの生物でも分子系統解析が行われるようになったが、進化速度が速く安定な結果られこと長らく難しかていない。まず略胞子虫類については、[[アルベオラータ]]に入ったり<ref>{{cite book|author=Hausmann, K., Hülsmann, N., Radek, R.|year=2003|title=Protistology|edition=3rd|publisher=E. Schweizerbart'sche Verlagsbuchhandlung|location=Berlin|isbn=3-510-65208-8}}</ref>、[[細胞性粘菌]]と近縁とされたりしていたが、21世紀に入ってれた[[ケルコゾア]]門の根元付近に位置するこいう結果妥当だろうと考えら示さている。一方パラミクサ類については分子情報が極めて少ないこともく系統的位置は不明瞭でったが未だ2010年代確定的と言える結果が出なっいない。略胞子虫類とパラミクサ類との単系統性を支持する解析結果もあるが蓄積しかつてアセトスポラ門の単系統性、こ再認識さは懐疑的な意見が強至って
<ref>{{cite journal|author=Sierra ''et al.''|year=2016|title=Evolutionary origins of rhizarian parasites|journal=Mol. Biol. Evol.|doi=10.1093/molbev/msv340}}</ref>
 
== 参考文献 ==
{{reflist}}
*{{cite journal| author = Adl, S. M. ''et al.''
| title= The New Higher Level Classification of Eukaryotes with Emphasis on the Taxonomy of Protists
| journal = Journal of Eukaryotic Microbiology
| year = 2005 | volume = 52 | issue = 5 | pages = 399-451}} [http://www.blackwell-synergy.com/doi/pdf/10.1111/j.1550-7408.2005.00053.x PDF available]
*{{cite journal| author = Berthe, F. C. J., Le Roux, F., Adlard, R. D., and Figueras, A.
| title= Marteiliosis in molluscs: A review
| journal = Aquatic Living Resources
| year = 2004 | volume = 17 | issue = 4 | pages = 519-528}} [http://www.ifremer.fr/docelec/doc/2004/publication-408.pdf PDF available]
*{{cite journal| author = Levine, N. D. ''et al.''
| title= A newly revised classification of the protozoa
| journal = Journal of Protozoology
| year = 1980 | volume = 27 | issues = 1 |pages = 37-58}} PMID 6989987
*Hausmann, K., Hülsmann, N., Radek, R. ''Protistology'', 3rd ed., E. Schweizerbart'sche Verlagsbuchhandlung, Berlin, 2003. ISBN 3-510-65208-8
*猪木正三監修 『原生動物図鑑』 講談社、1981年。ISBN 4-06-139404-5
 
[[Category{{DEFAULTSORT:原生生物|あせとすほら]]}}
[[Category:虫|あせとすほら生物]]
[[Category:寄生虫]]