「ジョン・ケーシック」の版間の差分

編集の要約なし
'''ジョン・リチャード・ケーシック'''({{lang-en|John Richard Kasich}}, [[1952年]][[5月13日]] - )は、[[アメリカ合衆国]]の[[政治家]]。第69代[[オハイオ州知事]]。所属政党は[[共和党 (アメリカ)|共和党]]。
 
[[オハイオ州]][[上院|上院議員]](1期)、[[アメリカ合衆国下院|アメリカ合衆国連邦下院議員]](9期)、アメリカ合衆国連邦下院予算委員長、[[オハイオ州]][[上院|上院議員]](1期)などを歴任した。
 
== 経歴 ==
 
=== オハイオ州上院議員 ===
大学卒業後は、[[オハイオ州]]立法サービス委員会職員を経て、[[共和党 (アメリカ)|共和党]]所属のオハイオ州[[上院|上院議員]][[バズ・ルーケンズ]]の秘書を務めた。[[1978年]]、[[オハイオ州]][[上院|上院議員]]選挙に出馬し、[[民主党 (アメリカ)|民主党]]現職[[ロバート・オーショネッシー]]を破って当選。史上最年少である26歳の若さでオハイオ州上院議員に選出された。
 
=== 連邦下院議員 ===
[[File:John_Kasich_shakes_hands_with_Ronald_Reagan.jpg|220px|thumb|第40代大統領[[ロナルド・レーガン]]と握手するケーシック(1986年)]]
[[1983年]]から[[2001年]]までオハイオ州第12区選出の[[アメリカ合衆国下院|アメリカ合衆国連邦下院議員]]を務める。[[1990年代]]前半には[[法人税]]の逃げ道を減らすために[[ラルフ・ネーダー]]と協力し、[[1995年]]には下院予算委員長に就任した。[[2000年アメリカ合衆国大統領選挙|2000年大統領選挙]]への出馬も検討したが、結局は第46代[[テキサス州]][[知事]][[ジョージ・W・ブッシュ]]の支持に転じた。
 
=== オハイオ州知事 ===
連邦下院議員退任後は、[[FOXニュース]]のコメンテーターを担当する傍ら、[[リーマン・ブラザーズ]]オハイオ支社の投資銀行部門で取締役を務めた。その後、政治活動を再開し、[[2010年]]の[[中間選挙]]で民主党現職知事の[[民主党 (アメリカ)|民主党]][[テッド・ストリックランド]]の再選を阻止して第69代[[オハイオ州知事]]に選出される。[[2014年]]の中間選挙でも幅広い支持を得て民主党候補にダブルスコアで圧勝、再選を果たした。
 
=== 2016年大統領選挙 ===
 
== 人物・政策 ==
* 州支出の削減や[[租税|減税]]など財政面では保守派だが、低所得者向け医療保険制度の対象拡大など[[福祉]]や[[移民政策]]では穏健派として知られる<ref>[http://mainichi.jp/articles/20150722/dde/007/030/034000c 1616年米大統領選:共和党1616人目の候補 オハイオ州知事(2015年7月22日、毎日新聞)]</ref>。
* [[同性結婚|同性婚]]の是非をめぐる議論について「連邦最高裁がすでに判断を下しており、この議論はもう決着済みだ。議論すべき問題は他にいくつもある」と語り<ref>[http://www.cbsnews.com/news/republican-gov-time-to-move-on-from-same-sex-marriage/ GOP gov.: "Time to move on" from same-sex marriage(2015年6月28日、CBSニュース)]</ref>、合法化に一定の理解を示している。
* [[在日米軍|在沖縄米軍]]の増強を主張している<ref>[http://www.afpbb.com/articles/-/3067096 ケーシック氏「在沖縄米軍増強を」=中国の東シナ海進出に対応-米大統領選(2015年11月18日、AFP BB News)]</ref>。
 
== 脚注 ==
{{reflist|2}}
 
== 外部リンク ==
{{デフォルトソート:けえしつく しよん}}
[[Category:アメリカ合衆国の政治家]]
[[Category:オハイオ州上院議員]]
[[Category:オハイオ州選出のアメリカ合衆国下院議員]]
[[Category:オハイオ州知事]]
[[Category:オハイオ州選出のアメリカ合衆国下院議員]]
[[Category:オハイオ州上院議員]]
[[Category:1952年生]]
[[Category:存命人物]]
7,860

回編集