「飯田城 (信濃国)」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
13世紀初めに[[小笠原氏]]の一族の坂西(ばんざい)氏により築かれたといわれる。[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]には[[武田氏|武田家]]の信濃出兵により武田領国となり、伊那[[郡代]]となった武田家臣の[[秋山虎繁]](信友)により強固な城へ改修された。
 
天正10年([[1582年]])3月の武田氏滅亡、信濃伊那郡は織田家臣・[[毛利長秀]]に与えられ、長秀は飯田城を拠点に伊那郡支配を行う。同年6月の[[本能寺の変]]により発生した[[天正壬午の乱]]を経て、[[三河国]]の[[徳川家康]]の支援を得た[[下条頼安]]が飯田城を掌握し、後に[[菅沼定利]]が入城した。徳川勢の関東移封後には、再び毛利秀頼が入り、その娘婿の[[京極高知]]に継承され、この頃に近世城郭としての姿が整えられた。[[江戸時代]]になると小笠原氏1代、[[脇坂氏]]2代と続き、[[寛文]]12([[1642年]])[[堀親昌]]が2万石で[[下野国|下野]][[烏山藩|烏山]]より入封し、以後[[明治維新]]まで飯田城に居を構えた。
匿名利用者