「田中賢介」の版間の差分

m編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
2015年は"2番・二塁"で開幕を迎えた。4月途中から[[陽岱鋼]]が怪我で離脱してからは3番に座る。5月13日の[[埼玉西武ライオンズ]]戦でスイング途中に右肩の違和感(診断後、右肩の[[亜脱臼]]と判明)により5試合欠場するが、5月20日[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]戦で復帰。<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/news/1486658.html ハム選んで勝った9回一挙5点 今季初貯金10]</ref>以後は走塁の際に右腕でユニホームの左胸側を掴みながら走るなど、痛みを最小限に抑えるようにしながら[[クライマックスシリーズ]]終了までプレーを続けた。年間を通して得点圏でめっぽう強く、得点圏打率.346を記録。わずか4本塁打で66打点の自己最高記録を残した(打点の自己最高記録は2008年の63打点だったが、その年の[[長打率]]と比べると1割も低い数字であった)。また、[[ベストナイン]]を獲得し、念願だった正遊撃手の[[中島卓也]]との同時受賞を叶えた。
== 選手としての特徴 ==
== プレースタイル ==
【打撃】
広角に打球を打ち分け<ref name="tanaka2010">{{Cite book|和書|author=小関順二、西尾典文、泉直樹|year=2010|title=プロ野球スカウティングレポート2010|publisher=アスペクトムック|pages=262-263頁|id=ISBN 978-4-7572-1744-7}}</ref><ref name="df66">『週刊プロ野球データファイル』2012年66号、ベースボール・マガジン社、雑誌27202-8/8、5-6頁。</ref>、2007年にはリーグ最多記録となる58犠打を記録するなどバント技術やボールをカットする技術にも優れる<ref name="df66"></ref><ref>{{Cite book|和書|author=|year=2010|title=野球小僧 世界野球選手名鑑2010|publisher=白夜書房|pages=88頁|id=ISBN 978-4-86191-595-6}}</ref>。選球眼に優れ<ref name="df66"></ref>、8打席に1個近い確率で四球を選び、2009年には105[[三振]]を喫した一方でリーグ最多の79[[四球]]を記録した。右投手に対しては[[ボール (野球)#「飛ぶボール」「飛ばないボール」の問題|基準違反統一球]]が導入されていた2011年から2012年の通算で打率.305を残しているが、左投手に対しては同打率.280とやや弱く、メジャー移籍後の2013年から2014年もAAA級では右投手に対しては打率.323、左投手に対しては打率.230と弱かった。