「林瑞枝」の版間の差分

編集の要約なし
'''林 瑞枝'''(はやし みずえ、[[1934年]] - )は、日本の[[国際政治学者]]。元[[駿河台大学]]教授。専攻は[[ジェンダー]]、[[欧州統合]]、[[フランス文化]]。
 
== 略歴 ==
1934年に東京で生まれる。[[早稲田大学]]政治経済学部経済学科を卒業する。[[専修大学]]法学部兼任講師などを経て、1994年に駿河台大学文化情報学部教授となる。また、同大学比較法研究所に所属した。[[2004年]]に同大学を退職した。ジェンダーやヨーロッパの政治・文化を研究し、フランス語を駆使して翻訳を手がけた。退職後も著述・翻訳を行っている。
 
== 著書 ==
* 『紙の家』(訳,フランソワーズ・マレ=ジョリス著,[[二見書房]],1971年)
* 『ゲットーに生きて』(訳,グルッケル・ハーメルン著,新樹社,1974年)
* 『カリフォルニア日記』(訳,エドガール・モラン著,[[法政大学出版局]],1975年)
* 『ニッポン人の生活』(訳,ピエール・ランディ著,[[白水社]],1975年)
* 『難民』(訳,ロベール・サロモン著,白水社,1979年)
* 『フランスの異邦人』(単著,[[中央公論社]],1984年)
* 『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』(訳,グリヨ・ド・ジヴリ著,法政大学出版局,1986年)
* 『生殖革命』(共訳,磯本輝子,マリ=アンジュ・ダドレール,マルセル・トゥラード著,中央公論社,1987年)
* 『いま女の権利は』(編著,[[学陽書房]],1989年)
* 『人権という権利』(単著,[[大蔵省印刷局]],1993年)
* 『サラエボ日記』(訳,ライモンド・レヒニツァー著,[[平凡社]],1994年)
* 『導入対話によるジェンダー法学』([[浅倉むつ子]]監修,[[戒能民江]]ほか著,不磨書房,2005年)
* 『ジェンダーの地平』(編著,植野妙実子,中央大学出版部,2007年)
* 『ファーブル植物記(上)(下)』(上下、共訳,[[日高敏隆]],[[ジャン・アンリ・ファーブル|ファーブル]]著,平凡社,2007年)
 
{{People-stub}}
 
{{デフォルトソート:はやし みすえ}}
[[Category:東京都出身の人物]]
[[Category:日本の政治学者]]
[[Category:ジェンダー研究者]]
[[Category:東京都出身の人物]]
[[Category:1934年生]]
[[Category:存命人物]]
匿名利用者