「赤い鳥文学賞」の版間の差分

編集の要約なし
m (177.75.108.2 (会話) による版を 203.189.105.81 による版へ巻き戻し)
{{Portal|文学}}
'''赤い鳥文学賞'''(あかいとりぶんがくしょう)は、日本の[[児童文学]]の賞。[[鈴木三重吉]]を記念して作られた[[赤い鳥の会]]が主催するした。事務局は[[小峰書店]]内にあった。前年1月1日から12月31日までに(初版)刊行された児童文学作品が対象<ref>[[国際子ども図書館]] [http://www.kodomo.go.jp/info/award/internal.html 子どもと本の情報・調査 > 児童文学賞一覧 > 国内] 最終更新日:2014年10月14日</ref>。{{要出典範囲|date=2015-10|途中から新人賞的色彩を帯びていたが、}}2007年、大御所の[[佐藤さとる]]が受賞した。[[2010年]]の第40回で終了<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20100702bk06.htm 「赤い鳥文学賞」歴史に幕] 読売新聞 2010年7月2日付</ref>。
 
== 受賞作一覧 ==
*第1回 1971年 [[椋鳩十]]「マヤの一生」「モモちゃんとあかね」
*第2回 1972年 [[庄野潤三]]「明夫と良二」、[[関英雄]]「白い蝶の記」「小さい心の旅」
*第3回 1973年 [[安藤美紀夫]]「でんでんむしの競馬」
*第4回 1974年 [[舟崎克彦]]「[[ぽっぺん先生|ぽっぺん先生と帰らずの沼]]
*第5回 1975年 [[松谷みよ子]]「[[モモちゃんとアカネちゃんの本|モモちゃんとアカネちゃん]]」、[[佐藤義美]]「佐藤義美全集」全6巻
*第6回 1976年 [[上崎美恵子]]「魔法のベンチ」「ちゃぷちゃっぷんの話」、[[野長瀬正夫]]「詩集・小さなぼくの家」
*第31回 2001年 [[はたちよしこ]]「またすぐに会えるから 詩集」
*第32回 2002年 [[沖井千代子]]「空ゆく舟」(絵・[[石倉欣二]])
*第33回 2003年 [[広瀬寿子]]「そして、カエルはとぶ!」(絵・[[渡辺洋二]])
*第34回 2004年 [[長谷川摂子]]「人形の旅立ち」
*第35回 2005年 [[李錦玉]]「いちど消えたものは 詩集」
*第40回 2010年 [[岩崎京子]]「建具職人の千太郎」
 
==関連項目 脚注 ==
<references />
 
== 関連項目 ==
; 赤い鳥3賞
* [[赤い鳥さし絵賞]]
: (本賞と同時選考され表彰される)
 
== 外部リンク ==
==脚注==
<references />
 
==外部リンク==
*[http://akaitori.jpn.org/ 赤い鳥の会]
 
匿名利用者