「韃靼疾風録」の版間の差分

編集の要約なし
{{Portal|文学}}
『'''韃靼疾風録'''』(だったんしっぷうろく)は、[[司馬遼太郎]]の長編[[歴史小説]]。[[清]]朝興隆の時代を舞台としており、司馬最後の長編小説となった。第15回[[大佛次郎賞]]([[1988年]])を受賞した
 
『[[中央公論]]』[[1984年]][[1月]]-から[[1987年]][[9月]]まで連載され、同年秋に単行本上下巻で刊行した([[中央公論社]]、[[1991年]]1月に[[中公文庫]]で再刊)。他に『司馬遼太郎全集 52』([[文藝春秋]])に収録された。 
== 内容 ==
何故か[[九州]][[平戸島]]に漂着した[[満州民族|韃靼]]の[[公主]]([[]])を送るため、[[平戸藩]]([[松浦氏|松浦家]])に仕える桂庄助は、[[朝鮮半島]]を経て[[明|大明]]帝国と戦っている謎多きその故国([[後金]]、のち清朝)へと赴く。[[数奇]]な2人の愛の行方を軸に、「[[17世紀]]の歴史が裂けてゆく時期」に、[[東アジア]]世界の陸海に展開される雄大な長編[[小説|ロマン]]
 
== 関連文献 ==
*衛藤利夫『韃靼』  [[中公文庫]]、[[1992年]]<br> 初版は1938年に[[朝日新聞社]]、あとがきは息子の[[衞藤瀋吉]]と、司馬が書いている。
*:初版は1938年に[[朝日新聞社]]、あとがきは息子の[[衞藤瀋吉]]と、司馬が書いている。
*『韃靼漂流記』  園田校注・解説、[[平凡社東洋文庫]]、1991年
**園田一亀『韃靼漂流記の研究』 [[原書房]]〈[[ユーラシア]]叢書〉 1980年<br>17世紀半ばに、[[越前国|越前]]商人ら15名が中国東北地域へ漂着し[[北京]]へ送られ、成立間もない清朝を見聞した記録。
**園田一亀『韃靼漂流記の研究』 [[原書房]]〈[[ユーラシア]]叢書〉 1980年
**園田一亀『韃靼漂流記の研究』 [[原書房]]〈[[ユーラシア]]叢書〉 1980年<br>:17世紀半ばに、[[越前国|越前]]商人ら15名が中国東北地域へ漂着し[[北京市|北京]]へ送られ、成立間もない清朝を見聞した記録。
 
== 関連項目 ==
*[[ヌルハチ]]
*[[ホンタイジ]]
*[[ドルゴン]]
*[[タタール]](韃靼の[[語源]]
*[[瀋陽市]]([[奉天]]
 
{{司馬遼太郎}}
[[Category:日本の歴史小説]]
[[Category:司馬遼太郎の小説]]
[[Category:19841983年の小説]]<!--『中央公論』1984年1月号の発売年-->
[[Category:清朝を舞台とした作品]]
[[Category:大佛次郎賞]]
匿名利用者