「バルトリン腺」の版間の差分

編集の要約なし
(Blueappletea (会話) による ID:55443892 の版を取り消し)
バルトリン腺は、男性の[[カウパー腺]]に相当する。バルトリン腺の袋は会陰の比較的浅いところに存在する。対して、カウパー腺の袋はそれよりも深い位置に存在する。
 
この腺の存在について最初に記述されたのは17世紀で、デンマークの解剖学者'''[[カスパー・バルトリン]]'''(1655 - 1738)による。いくつかの[[情報源]]において同姓同名の彼の祖父であり神学者で解剖学者の'''[[カスパー・バルトリン]]'''(1585 - 1629)が発見したと誤って記述されている。
 
'''バルトリン腺嚢胞'''(のうほう)は、バルトリン腺が塞がれたときに形成され、嚢胞は成長して大きくなる。さらに、もし[[感染症]]が始まったら、'''バルトリン腺膿瘍'''(のうよう)になる。
匿名利用者