「太平寰宇記」の版間の差分

(→‎テキスト: 朱彝尊)
== 概要 ==
 
[[太平興国]]4年(979年)に宋の[[太宗 (宋)|太宗]]は[[北漢]]を滅ぼして天下統一をなしとげた。楽史は天下が統一されたことをたたえるために『太平寰宇記』200巻・目録2巻を著して太宗に進上した。先行する地理書には[[唐]]の{{仮リンク|賈耽|zh|賈耽}}のものや『[[元和郡県志]]』があったが、簡略にすぎる上に時代の違いによって地名が変化している問題があった<ref>自序による</ref>。
 
大量の書籍を引用するが、その多くは唐・五代以前のものであるため、宋のみならず唐代の地理を知るためにも重要な書物である。