「真継伸彦」の版間の差分

編集の要約なし
(Normdaten moved to Wikidata)
 
==人と作品==
大学の独文科卒業後の1954年に上京し、[[創元社]]の校正アルバイトに就き、1955年に[[専修大学]]図書館に就職。同人誌「半世界」に「杉本克己の死」の一部を発表。[[一向一揆]]を題材にした小説を構想しながら、1961年から[[青山学院大学]]ドイツ語非常勤講師となる
 
[[一向一揆]]を題材にした小説を構想し、執筆に専念するために退職、1961年から[[青山学院大学]]ドイツ語非常勤講師となる。1963年、盗賊から[[浄土真宗]]に帰依する男を描いた[[歴史小説]]『鮫』で[[文藝賞]]を受賞。これに第二篇を加えて翌年刊行、また[[萬屋錦之介|中村錦之助]]主演で[[東映]]で映画化された。その後[[芝浦工業大学]]に勤め、1967年に腹膜炎の手術で休職していた間に、同じく一向一揆を扱った続編『無明』執筆を開始。1968年に[[桃山学院大学]]に移り、当時の[[大学闘争]]の対応に追われながら、翌年発表。この続編『華厳』や、『親鸞』など、信仰の問題を追求した作品が多い。
 
宗教小説以外の代表作としては、[[スターリン批判]]と[[ハンガリー動乱]]に揺れるある大学の[[日本共産党|共産党]][[細胞 (政党)|細胞]]の苦悩を描いた『光る聲』。実際にあった事件をモデルに、党の上部組織を批判できない立場の悲喜劇を「受難としての生命現象」として捉えている。他には『青空』、エッセー集『破局の予兆の前で』などがある。
[[Category:京都府出身の人物]]
[[Category:日本の小説家]]
[[Category:囲碁の著述家]]
[[Category:存命人物]]
5,717

回編集