「ジョルジオ・アルマーニ」の版間の差分

m
m
* [[1975年]] - 41歳の時、[[セルジオ・ガレオッティ]]と共に自らの会社を設立し、自社商品(メインブランド)を発表。
::''以後の企業活動は「[[アルマーニ]]」を参照。
 
=== 主な受賞歴 ===
* [[1981年]] - GQ誌の「メンズ・スタイル・アウォード・フォー・ベスト・ファッションデザイナー賞」と、カティサークの「国際トップ・メンズ・ファッション・デザイナー賞」を受賞。
* [[1983年]] - [[ピアチェンツァ]]市から「金賞」、アメリカ・ファッションデザイナー協議会から国際部門の「最高賞」を受賞。
* [[1984年]] - 春夏コレクションのベスト・デザイナーに与えられる「オッキオ・ドーロ(金の目)賞」と、カティサークの「国際トップ・メンズ・ファッション・デザイナー賞」を受賞。
* [[1985年]] - イタリア政府から[[イタリア共和国功労勲章]]「コメンダトーレ章」を授与。カティサーク・メンズ・ファッション賞初の「桂冠デザイナー」に選ばれる。
* [[1986年]] - イタリア政府から[[イタリア共和国功労勲章]]の最高位「グランデ・ウッフィチャーレ章」を授与。春夏コレクション及び秋冬コレクションの「オッキオ・ドーロ賞」をそれぞれ受賞。
* [[1987年]] - イタリア政府から「共和国功績勲章」「大騎士賞」を授与。パリの国際麻フェスティヴァルで「金糸賞」、米国ファッションデザイナー会議から紳士服部門の「功労賞」、春夏コレクションの「オッキオ・ドーロ賞」、カティサークの「国際トップ・メンズ・ファッション・デザイナー賞」を受賞。
* [[1988年]] - スペインのフアン・カルロス国王から、世界最高のファッションデザイナーに贈られる「クリストバル・バレンシアガ賞」を授与。春夏及び秋冬コレクションで「オッキオ・ドーロ賞」をそれぞれ受賞。
* [[1989年]] - ニューヨークで「ウールマーク賞」、日本で「繊研賞」を受賞。
* [[1991年]] - ロンドンの[[ロイヤル・カレッジ・オブ・アート]]から「名誉博士号」を授与。
* [[1992年]] - フィレンツェのジョルジオ・モラレス市長より、メイド・イン・イタリーのイメージを世界中で高めた功績により「フィオリーノ・ドーロ賞」を授与。カジュアルラインの「A/X」で「ウールマーク最優秀国際メンズコレクション賞」を受賞。年間最優秀イタリア人デザイナーに贈られる「オッキオ・ドーロ賞」、1992年度イタリア最優秀印刷・テレビ広告キャンペーンに贈られる「アカデミア・デル・プロフーモ賞」を受賞。
* [[1993年]] - 年間最優秀デザイナーに贈られる「アグジャ・デ・オーロ賞」並びに年間最優秀国際デザイナーに贈られる「テルヴァ・トリウンファドール賞」を受賞。
* [[1994年]] - ワシントンDCのイタリア・アメリカ財団から「功労賞」を授与。年間最優秀イタリア人デザイナーに贈られる「オッキオ・ドーロ賞」を受賞。
* [[1995年]] - ローマで「トゥギャザー・フォー・ピース(平和協力)財団文化賞」を受賞。「マスケラ・ドーロ賞」「カンピオーネ・ディターリア賞」を受賞。イギリス版「マリ・クレール」誌からベスト・モダン・クラシック部門の「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」に選ばれる。
* [[1996年]] - アメリカ版「GQ」誌から「ザ・マン・オブ・ジ・イヤー(年間最優秀賞)」を贈られる。
* [[1997年]] - アメリカ版「マリ・クレール」誌からベスト・モダン・クラシック部門の「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」に選ばれる。
* [[1998年]] - ドイツ・[[カールスルーエ]]市のメディア企業ブルダから、世界最高のファッションデザイナーに贈られる「[[バンビ (賞) ]]」を授与。イタリアの金融専門誌イル・ソーレ・21・オーレから、イタリア最高の経済成果を挙げたことに対し、「リズルターティ・ボッコーニ賞」を授与。フィレンツェで「ピッティ・イマジオ・ウォモ賞」を受賞。
* [[2000年]] - 映画・映像作品に対する貢献を評価され、「[[ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞]](イタリア版オスカー)」を受賞。アメリカ版「GQ」誌から「ザ・マン・オブ・ジ・イヤー(年間最優秀賞)」を贈られる。
 
== 映画 ==
364

回編集