「側室」の版間の差分

編集の要約なし
(主題とは外れた必要のない節を除去他節の整理。)
{{人間関係}}
'''側室'''(そくしつ)とは、[[一夫多妻制]]の下の身分の高い階層における[[夫婦]]関係において、夫たる男性の本妻である[[正室]]に対する概念で、本妻以外の公的に認められた側妻や[[妾]]にあたる女性を指す。
 
== 概説 ==
 
== 側室の実態の多様性 ==
男女の情や同居人同士の親近感が絡んでくるため、上述の区分けは厳密には守られない事が多く、時代や身分によって正室と側室との関係は多様であり、君主と下僕のような厳格な差があったケースから、まるで実の姉妹のように扱いに大差がないケースまでいろいろであった。[[儒教]]倫理に基づく建前としては「正室が一人で側室が複数」が正格であったが、日本では稀に側室を複数あるいは一人もちながら正室を置かなかった例や、逆に複数の正室を置いて側室をもたなかった例などがあり、かなり変則的であった。また側室が子を生んだ場合の側室本人の扱いも時代や身分によって大きく異なる。例えば[[江戸時代]]の[[皇室]]では側室は出産後わが子を抱く間もなくただちに子と切り離され本人の身分は低いままに置かれ(御役御免になって追放されることすらあった)自由に我が子に会うことも出来なかった。その一方では、[[将軍]]家の[[大奥]]においてはまったく逆に、出産した側室は「御生母様」「御腹様」と崇められ絶大な権勢をふるった。
 
== 男系男子の維持 ==
 
しかし、男性側の健康問題や不妊等により子ができないこともある<ref group="注釈">[[世界保健機構]]による1998年の統計発表では、不妊症の原因の24%が男性側、女性男性双方にまたがる原因が24%で、41%が女性側。</ref>。この場合、側室を持ってしても子を確保することはできない。だが、伝統的に一夫多妻制が採られていれば、当該男性に異腹の兄弟などがいる可能性が高くなる。その者を養子とすることで、男系男子による祭祀の承継を維持できる可能性は高くなる<!--父や祖父の兄弟親戚まで入れると、伝統的な一夫一妻制下にも該当するので除去しました。-->。
 
 
<!--夫婦外男女関係については多項あり、一夫一妻制では発生しない身分立場なので「現代」に関する曖昧な節を除去しました。-->
 
== 関連項目 ==
* [[正室]]
* [[継室]]
* [[一夫多妻制]]
* [[大奥]]
* [[愛人]]
* [[皇位継承問題 (平成)]]
 
{{DEFAULTSORT:そくしつ}}