「重粒子線がん治療」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[ファイル:放射線治療.png|代替文=X線に比べ粒子線では正常組織の障害が少ない|サムネイル]]
{{画像提供依頼|作用の模式図|装置の画像(加速器、照射装置の2種)|date=2012年10月}}
'''重粒子線がん治療'''(じゅうりゅうしせんがんちりょう、{{Lang-en|'''heavy particle therapy''', '''charged particle radiotherapy''', '''heavy ion therapy''', など}})とは、線量局在性の高い治療が可能という性質を持つことから、[[炭素イオン線]]で[[がん]]病巣をピンポイントで狙いうちし、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常[[細胞]]の事象を最小限に抑えることが可能とされる最先端の[[放射線療法]]のうちの一つ
 
== 概要 ==
がん治療の三本柱のうち、[[外科手術]]および[[化学療法]]と比較して、X線を用いた[[放射線療法]]では「機能と形態の温存」や「治療にあたって身体的負担が少ない」という性質が長所として挙げられる。重粒子線治療では、表面線量が比較的高い[[エックス線]]、[[ガンマ線]]に比べ、[[陽子線]]と同様に体の表面での[[吸収線量]]を低く抑えられ、腫瘍組織において[[吸収線量]]がピークになる特性を有している(模式図参照)。こうし特長を活かし、照射回数と[[有害事象]]をさらに少なく、治療期間をより短くすることが可能とされていた<ref>[http://www.hibmc.shingu.hyogo.jp/ionbeam_treatment3.html 兵庫県立粒子線医療センター X線治療と粒子線治療の違い]</ref>。2016年1月に[[東芝]]が世界初となる[[超伝導磁石]]を使用した軽量・小型の重粒子線回転ガントリー装置を開発した<ref name="newsflash">[http://www.e-radfan.com/newsflash/49648/ 放射線医学総合研究所と東芝、世界初の超伝導技術を用いた重粒子線がん治療用回転ガントリーを完成]</ref><ref>[http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/011100028/?ST=ndh 東芝が見せた意地、原子力技術を医療へ]</ref>。
重粒子線の治療施設は世界に9箇所あり、その中で日本国内に5箇所あり、重粒子線や陽子線を照射するがん治療装置は[[東芝]]や[[日立製作所]]、[[三菱電機]]、[[住友重機械工業]]などが手がけ、この分野では国内メーカーが主導的な役割を担う<ref>[http://newswitch.jp/p/3842 東芝が「がん治療システム」だけは自社に残す理由]</ref>。重粒子線そのものは[[陽子線]]と同様[[シンクロトロン]]を用いて発生させる
 
== 適応 ==
放射線医学総合研究所では、1994年6月より[[臨床試験]]を実施し、良好な治療効果が得られている。治療の対象となる代表的な[[疾患]]と共通の適応条件を次に挙げる<ref name="radiant02_01a">{{cite web|url=http://www.nirs.go.jp/hospital/radiant02/radiant02_01a.shtml|title=重粒子(炭素イオン)線治療の対象部位とその適応について|author=独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院|accessdate=2011-01-13}}</ref>。
 
X線による放射線治療では根治的治療となりにくい骨軟部腫瘍に対して、重粒子線治療は治療効果が高いと見積もられている。そのことから、手術適応がないか患者が手術を拒否した場合の骨軟部腫瘍の重粒子線治療が2016年の診療報酬改訂で公的医療保険の対象となった。
 
=== 対象となる代表的な疾患 ===
112

回編集