メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''近世日本国民史'''(きんせいにほんこくみんし)は、[[徳富蘇峰]]が著した史書。全100巻。[[織田信長]]の時代から[[豊臣政権]]、[[江戸時代]]、[[幕末]]・[[維新]]期、[[西南戦争]]までを綴ったもの。多くの資料を駆使して書かれており、個人編著の歴史書としては、世界でも屈指の規模とされる。全巻のうち7割が幕末・維新期([[ペリー]]来航から西南戦争までの幕末・維新期の記述にあてられている。[[昭和11年]]([[1937年]])には、[[学士院恩賜賞]]を受賞。
 
[[大正7年]]([[1918年]])に脱稿し、最終巻の『[[明治時代]]』が完成したのは、[[昭和27年]]([[1951年]])。終戦後、一時執筆作業を中断したが、[[昭和26年]]([[1950年]])に再開した。
35,742

回編集