「トヨタ・カムリ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[2006年]]1月のフルモデルチェンジで[[トヨタ・ウィンダム|ウィンダム]]<ref>海外では[[レクサス・ES]]として販売されているが、日本のレクサス店では投入されていない。</ref>と統合されたため、現在はカローラ店専売車では最上級車種となっている。
 
21世紀以降の日本市場ではセダンというカテゴリーが低迷しているせいか販売台数がそれほど多くないためそれに比例して見かける機会が比較的少ないが、世界市場における人気は絶大であり、特に北米市場では連続してクラストップの販売実績を誇り、[[日産自動車]]の[[日産・アルティマ|アルティマ]]や[[本田技研工業]]の[[ホンダ・インスパイア|アコード]]とともに人気は高い。また、オセアニア・東南アジア地区での人気も高い。
 
全世界で累計1,000万台以上を販売しているトヨタのベストセラーカーであり、同社の(格下の)カローラと共に屋台骨を支える世界戦略車でもある。
 
国際的にメジャーな車にも関わらず、日本国内での販売が振るわない理由として、FRで6気筒のマークXと同じ価格帯のため割高に感じられる点、「カムリ」という車名のイメージ<ref>日本ではこのクラスには相応の高級感を求めるユーザーが多いが、カムリはマークXと比べて高級感が薄いというイメージがある。</ref>と運転時の取り回し、道路や車庫スペース等が狭いという国内事情が影響している点が挙げられるが、トヨタグループではゆったりした直進安定性と居住性を鑑みロングクルージングを意識した[[前輪駆動|FF]][[セダン]]をコンセプトに開発された車である。
匿名利用者