「坂田道男」の版間の差分

編集の要約なし
<!-- 定義 -->
'''坂田 道男'''(さかた みちお、[[1887年]][[5月18日]] - [[1973年]][[1月4日]])は、現在の[[熊本県]][[八代市]]出身の[[日本]]の[[政治家]]([[衆議院|元衆議院議員]])、[[教育者]]で[[市町村長|八代市長]]、[[名誉市民]]。長男は[[防衛大臣|防衛庁長官]]、[[衆議院議長]]を務めた[[坂田道太]]。
 
== 略歴 ==
* [[熊本県]][[八代郡]][[植柳村]](現在の[[八代市]])に生まれた。父は明治新田製造の功労者たる[[坂田貞]]である。
* 八代中学校時代から秀才の誉れが高かった。
* [[1905年]](明治38年)9月、[[第五高等学校 (旧制)|第五高等学校]]第一部独法科に入学する。