「金田勝年」の版間の差分

 
== 来歴 ==
[[秋田県]][[南秋田郡]][[昭和町_(秋田県)|昭和町]]生まれ<ref>{{Cite web |url = http://www.kaneda-k.com/column/co2001_03.html |title = かつとしコラム ◆母の日に寄せて |accessdate = 2015-10-13}}</ref>。[[秋田県立秋田高等学校]]卒業<ref>[http://www.kaneda-k.com/profile/ プロフィール[素顔のかねだくん・金田勝年 略歴書]]</ref>。[[東京大学]]受験に失敗し、浪人中の[[1968年]]に東大入試の中止が決定されたため、[[一橋大学]][[経済学部]]に入学する。[[荒憲治郎]]教授のゼミに参加<ref>[http://www.kaneda-k.com/comi/com06.html プロフィール[漫画 かねだ勝年物語6]]</ref>。[[1973年]]、[[一橋大学]][[経済学部]]を卒業し、[[大蔵省]](現[[財務省 (日本)|財務省]])に入省。入省同期に[[佐藤隆文]](元[[金融庁長官]])、[[新井将敬]](元衆議院議員)、[[加藤秀樹]](元[[内閣府]][[行政刷新会議]]事務局長)、[[森信茂樹]](元財務省[[財務総合政策研究所]]長)など。
 
大蔵省では[[主計局]]に配属される。1978年[[山梨]][[税務署]]長。その後主計局を中心に、大臣官房、国際金融局、[[国税庁]]、証券局で勤務。主計局法規課課長補佐([[建設省]]・[[運輸省]]・[[郵政省]]担当)や主計官補佐([[農林水産省]]担当)、[[大阪国税局]]調査部長を経て、[[1990年]]から1年間、[[プリンストン大学]]国際問題研究所で研究員を務め、[[日米関係]]を研究。帰国後、証券局証券取引審査室長、主計局[[給与]]課長、[[主計官]]([[法務省]]、[[裁判所]]、[[環境庁]]、[[国土庁]]、[[警察庁]]、[[総務庁]]、[[経済企画庁]]、[[沖縄開発庁]]、[[宮内庁]]、[[衆議院]]、[[参議院]]、[[公正取引委員会]]、[[総理府]]等担当)を経て、[[1995年]]に退官<ref>[http://sun-channel.com/kaneda_katsutoshi/ 金田勝年議員]SUNチャンネル</ref>。
匿名利用者