メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
|注釈 =
}}
'''文宗'''(ぶんそう)は[[唐|唐朝]]の第17代[[皇帝]]。[[穆宗 (唐)|穆宗]]の次男で、[[敬宗]]の同年の異母弟にあたる。
 
== 生涯 ==
初名は''''''であったが、立太子された際のち''''''と改名した。初めは江王に封冊されていた。[[826年]]に敬宗が[[劉克明]]によって殺害されると、劉克明と対立する[[宦官]]の[[王守澄]]派により皇帝に擁立された。朝政の実権は王守澄らが掌握し、文宗は皇帝としての実権をほとんど持たず、傀儡に近い存在であった。
 
親政を計画し、[[831年]]に宰相の[[宋申錫]]と共に宦官の討滅をったが失敗する。そして[[835年]]に再び[[李訓]]らと共に宦官討滅をった。この時は朝政実権を掌握していた王守澄を自殺に追い込んだが、その後の宦官に対する大量粛清の計画が事前に露見し、李訓らは殺害され、文宗も捕らえられて幽閉されることとなった([[甘露の変]])。
 
文宗は既に実子の荘恪太子永と蒋王宗倹を相次いで失っていたために、亡兄の敬宗の末子である陳王の[[李成美]]を[[皇太子]]としていた。しかし甘露の変が発生すると、宦官の[[仇士良]]らにより李成美は殺害され、文宗の異母弟である頴王[[武宗 (唐)|李瀍]]が立太子された。[[840年]]、幽閉されていた文宗は32歳で[[崩御]]した。晩年に「[[周]]の[[赧王 (周)|赧王]]・[[後漢|漢]]の[[献帝 (漢)|献帝]]は強臣に制せられたに過ぎないが、[[朕]]は家奴([[宦官]])に制されている」と嘆いたと伝えられている。
 
== 宗室 ==
=== 妻妾 ===
*王徳妃
*楊賢妃
=== ===
*魯王[[李永]](荘恪太子)
*蒋王[[李宗倹]]
44,091

回編集