「ヘモジデリン」の版間の差分

鉄はフェリチンまたはその重合体として蓄積されている
(鉄はフェリチンまたはその重合体として蓄積されている)
'''ヘモジデリン'''({{lang-en-short|hemosiderin}})は、[[ヘモグロビン]]由来の黄褐色あるいは褐色の顆粒状あるいは[[結晶]]様の[[色素]]であり[[鉄]]を含む。[[赤血球]]やヘモグロビンが[[網内系]]やその他の[[細胞]]により[[貪食]]され分解される過程で生じ、正常な状態でも[[脾臓]]や[[骨髄]]において認められる。[[ベルリンブルー]][[染色]]により青色に染まる。[[全身性ヘモジデローシス]]では全身の種々の臓器、組織にヘモジデリンが沈着する。
 
鉄は[[肝臓]]、特に肝細胞内では二次[[リソゾーム]]に[[フェリチン]]またはその重合体として蓄積されている。貯蔵鉄が増えると、この二次リソゾームはヘモジデリンと呼ばれるようになる<ref>林 久男、「[http://doi.org/10.2957/kanzo.40.427 鉄の細胞毒性とC型慢性肝炎での役割]」、『肝臓』Vol. 40 (1999) No. 8 P 427-435</ref>。
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 関連項目 ==