「ジェイク・アリエータ」の版間の差分

{{by|2015年}}[[8月30日]]の[[ロサンゼルス・ドジャース]]戦では[[ノーヒットノーラン]]を達成した<ref>{{cite web|url=http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/31/kiji/K20150831011040640.html?feature=related|title=カブス・アリエッタが無安打無得点 ドジャース今季2度目の屈辱|work=[[スポーツニッポン]]|date=2015.8.31|accessdate=2015.9.21}}</ref>。[[9月22日]]の[[ミルウォーキー・ブルワーズ]]戦では9回を投げ被安打3・奪三振11・与四球1・無失点の完封勝利を収め20勝の大台に到達。最終的に33試合に登板し229イニングを投げ、両リーグ通じて最多となる22勝(6敗)、防御率1.77([[ザック・グレインキー]]に次ぐ2位)、236奪三振(リーグ3位)の成績を記録。[[最多勝利]]のタイトルを獲得し、大躍進を遂げた。特にオールスターゲーム以降は前述のノーヒッターを含め、15試合に先発し12勝1敗、防御率0.75、自責点はわずかに9と驚異的な投球を披露した。また、バッティングでも2本塁打を記録した。10月7日、[[ピッツバーグ・パイレーツ]]との[[2015年のナショナルリーグワイルドカードゲーム|ワイルドカードゲーム]]で[[メジャーリーグベースボールのポストシーズン|ポストシーズン]]初登板を果たし、4安打、無四球、11奪三振の完封勝利で[[2015年のナショナルリーグディビジョンシリーズ|ディビジョンシリーズ]]進出に大きく貢献した。これらの活躍が評価され、シーズンオフには防御率でアリエタを上回る1.66を記録した[[ザック・グレインキー]]や、300奪三振を記録した[[クレイトン・カーショウ]]といった球界を代表する好投手を抑えて、自身初となる[[サイ・ヤング賞]]の栄誉に輝いた。
 
{{by|2016年}}[[4月21日]]のレッズ戦でノーヒットノーランを達成<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1635666.html カブス・アリエッタ快挙 2年連続のノーヒッター]</ref><ref>[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000211-ism-base 【MLB】J.アリエッタ、自身2度目のノーヒッターで4勝目! カブスは圧勝]</ref>。昨年に続いて2年連続の達成。[[6月5日]]の[[アリゾナ・ダイヤモンドバックス]]戦では5回で12三振を奪う力投を見せるも3点を失って昨年[[7月25日]]の[[フィラデルフィア・フィリーズ]]戦以来の黒星を喫し、昨年から継続していた自身の連勝は20でストップした。このシーズンは要所を抑えるものの昨シーズンから一転して四球の多さに苦しみ、前半戦終了時点で昨年の倍近いペースで四球を与えた。また、前半戦終了直前の4試合連続で4失点以上を喫するなど6月下旬からやや調子を落としたものの、シーズン通算ではリーグ3位タイとなる18勝(8敗)、防御率3.10、190奪三振の成績をマーク。[[10月10日]]、[[サンフランシスコ・ジャイアンツ]]との[[ディビジョンシリーズ]]第3戦に先発。2回表に自身自らジャイアンツ先発の[[マディソン・バンガーナー]]から先制となる3ラン本塁打を放った。ピッチングでは6回を97球、2失点で勝利投手の権利を持ってマウンドを降りたが、その後後続が逆転を許し勝敗はつかなかった。
 
== 投球スタイル ==
935

回編集