「鶴田圭祐」の版間の差分

編集の要約なし
(+cat +特筆性 +出典lk 来歴節に加筆)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
小学校3年生の時に物部少年野球団で[[軟式野球]]を始め、[[守山市立守山南中学校]]時代は軟式の野洲ブレーブスに所属した<ref name="hochi160316" />。中学校卒業後は[[寒川高等学校 (私立)|藤井学園寒川高等学校]]に入学、[[硬式野球]]部に投手として所属したが1年秋に[[外野手]]に転向した<ref name="nikkan161020" />。
 
高校卒業後は[[指定校推薦]]で帝京大学へ入学し<ref name="chunichi161020" />、準硬式の投手に再転向した<ref name="hochi160316" />。[[2015年]]春の[[東都大学準硬式野球連盟]]2部リーグ戦では[[青山学院大学]]との対戦で[[ノーヒットノーラン]]を達成した<ref name="hochi160316" />が、準硬式2部の投手への注目は低かった<ref name="chunichi161020" />。しかし、そのシーズンの入替戦で國學院大学に勝利して強豪校の揃う1部に昇格すると、同年秋のリーグ戦で149km/hを記録<ref name="hochi160316" />。これがTwitterなどで話題となり、スカウトに注目されるようになった<ref name="chunichi161020" />。準硬式野球部に専用の野球場はなく、日頃の練習は朝にアメフト場で行っている。そのため、投球練習用のマウンドはなく、平地の人工芝上で18.44mを測って投球練習をしている。[[スーパー銭湯]]でアルバイトをするなど普通の学生生活もおくりながら<ref name="chunichi161020" />、限られた時間・場所のなかで練習してきた<ref name="hochi160316" />。同年秋のリーグ戦で149km/hの投球を記録した<ref name="hochi160316" />ことが[[Twitter]]などで話題になりスカウトにも注目されるようになった<ref name="chunichi161020" />。
 
練習環境や指導体制が整っているとは言えないこと、高校野球では外野手であったこと、準硬式球は硬式球よりも球速が出しにくいとされていることなどから、複数球団が注目していると報道された。2016年のシーズン当初は硬式球と準硬式球を併用し、リーグ戦にも出場していたが、感覚の違いに戸惑った。プロを意識し、夏頃から準硬式球を封印し、硬式球での練習に専念している<ref>http://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20161017-OHT1T50051.html</ref>。
 
[[2016年]][[10月20日]]に行われた[[2016年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト会議]]では[[東北楽天イーグルス]]が交渉権を獲得した<ref name="nikkan161020" />。
<ref name="chunichi161020">{{Cite news|author=小原栄二|title=準硬式からプロ野球へ 帝京大・鶴田も吉報待つ:首都スポ:中日スポーツ(CHUNICHI Web)|newspaper=[[中日新聞社]]|date=2016-10-20|url= http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/shutospo/news/CK2016102002000148.html|accessdate=2016-10-25}}</ref>
<ref name="nikkan161020">{{Cite news|title=準硬式の帝京大・鶴田圭祐投手は楽天が6位指名 - 野球 : 日刊スポーツ|newspaper=[[日刊スポーツ]]|date=2016-10-20|url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/1726930.html|accessdate=2016-10-25}}</ref>
}}5.{{Baseball-biography-stub}}
}}
 
{{Baseball-biography-stub}}
{{東北楽天ゴールデンイーグルス2016年ドラフト指名選手}}
 
159

回編集