「小田切秀雄」の版間の差分

編集の要約なし
東京出身。母方の伯父に医学者[[杉田直樹]]がいる<ref>『大正期人物年表』第2巻、p.288(日外アソシエーツ、1987年)</ref>。
 
[[府立高等学校]]尋常科を経て高等科文科1年の時、[[1933年]]、学内の[[日本共産党|共産党]]グループのキャップとして[[治安維持法]]違反で警視庁目黒署に逮捕され、75日間勾留後に「軽はずみでした、もうしません」と宣誓書を書いて[[転向]]し、[[起訴猶予]]処分で釈放され、高等学校から諭旨退学処分を受ける。[[1935年]]、学生運動に参加せず学業に専念することを条件として[[法政大学]]予科に編入学を認められる。法政大学国文科卒業。
 
[[1941年]]、『万葉の伝統』で注目されたが、[[1943年]]応召、[[1944年]]に[[荒正人]]や[[佐々木基一]]とのマルクス主義文学研究会が原因で再び治安維持法違反に問われ逮捕されたが、[[結核]]により勾留停止となり釈放。戦後、雑誌『[[近代文学 (雑誌)|近代文学]]』の創刊に加わる。