「カスパー・ハウザー」の版間の差分

 
==文学的な影響==
カスパー・ハウザー現象は、数多くの科学者、作家、そして映画監督に創造のきっかけを与えた。その有名な例を挙げれば、フランスの[[アドルフ・フィリッぺ・デネリー]]監督のドラマ「カスパー・ハウザー」(1838年)、[[ヤコブ・ヴァッサーマン]]の小説「カスパー・ハウザー 心の悲劇」、並びに[[ペーター・ハントケ]]のドラマ「カスパー」(1968年)である。<br>
その有名な例を挙げれば、フランスの[[アドルフ・フィリッぺ・デネリー]]監督のドラマ「カスパー・ハウザー」(1838年)、[[ヤコブ・ヴァッサーマン]]の小説「カスパー・ハウザー 心の悲劇」、並びに[[ペーター・ハントケ]]のドラマ「カスパー」(1968年)である。
 
[[クルト・トゥホルスキー]]は、一時カスパー・ハウザーという筆名で執筆していた。ドイツ語のシャンソンでも、ラインハルト・マイのような人も、「カスパー」と題する歌を作曲し歌っている。[[ヴェルナー・ヘルツォーク]]は、ブルーノ・Sを主演に、「カスパー・ハウザーの謎」(原題 Jeder für sich und Gott gegen alle、1975年)のタイトルでカスパー・ハウザーの物語を映画化した。[[ペーター・ゼア]]も、この素材を1993年再度映画化している。タイトルは、「カスパー・ハウザーー1人の人間の心的生活への犯罪」で、[[アンドレ・アイゼルマン]]の主演によるものである。ペーター・ゼアは、この作品では世継説の立場で物語を作り上げている。<br>
また、ベルリンのパンクロックバンドには、カスパー・ハウザーの名からバンド名をとって、カスパー・ハウザーバンドと名乗っているグループもいる。
 
アンスパッハでは、2年に一度カスパー・ハウザーフェスティバルが催されている。2002年には、[[トビアス・ヴァイス]]と[[ヘイコ・A・ネーァー]]のミュージカル「カスパー・ハウザー」がアンスパッハのカスパー・ハウザーフェスティバルで初演された。そこでは王宮の庭園の1833年12月14日、カスパー・ハウザーが襲撃を受けた箇所に記念碑が建立されている。記念碑はアウグスト・プラーテン通りの起点のところの小さな広場に建っている。マルクグラーフェン博物館では、カスパー・ハウザーについての展示コーナーが設けられている。彼の質素な墓石は、関心があればアンスパッハ市営墓地で見ることができる。<br>
またアンスバッハの王宮庭園には[[1833年]][[12月14日]]にカスパー・ハウザーが襲撃を受けた箇所に記念碑が建立されている。記念碑はアウグスト・プラーテン通りの起点のところの小さな広場に建っている。マルクグラーフェン博物館では、カスパー・ハウザーについての展示コーナーが設けられている。<br>
 
彼の質素な墓石は、アンスパッハ市営墓地で見ることができる。
 
==自然科学的な影響==
匿名利用者