「ルイジアナ買収」の版間の差分

m
Bot: km&sup2; → [​[平方キロメートル|km<sup>2</sup>]​] ,Replaced HTML named entities to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11
(議論停止のためテンプレート除去)
m (Bot: km&sup2; → [​[平方キロメートル|km<sup>2</sup>]​] ,Replaced HTML named entities to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
{{複数の問題|独自研究=2015年10月4日 (日) 01:08 (UTC)|出典の明記=2015年10月4日 (日) 01:08 (UTC)}}[[Image:LouisianaPurchase.png|right|300px|thumb|ルイジアナ買収の対象地域(緑) 地図と州区分は21世紀のもの]]
'''ルイジアナ買収'''(ルイジアナばいしゅう、Louisiana Purchase)は、[[1803年]]に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]が[[フランス]]から210万[[平方キロメートル|km&sup2;<sup>2</sup>]]を超える領地を1500万ドル(現金1125万ドル + 当時の借入金375万ドルを帳消し)で買収した出来事である。
 
資金はオランダの[[ホープ商会]]とイギリスの[[ベアリング家]]がファイナンスしている。つまり[[米国債]]で支払われたため、両家が割り引いて現金化した。両家とフランスの関係は[[ナポレオン戦争]]終結後も続き、[[1817年]]に両家は年利8.13%から9.52%でフランス国債を引受けている。
125,305

回編集