「海軍予備員」の版間の差分

m (Bot: [​[東京商船学校|東京商船学校]​] → [​[東京商船学校]​] ,Removed linktext ∵Check Wikipedia #64)
* [[梅林孝次]]:[[神戸高等商船学校]]機関科(現・国立[[神戸大学]][[海事科学部]])卒業。海軍予備員から現役に転官。海軍航空隊飛行士。[[日中戦争]]で戦死。[[海軍大尉]]。
* [[隈部五夫]]:神戸高等商船学校航海科卒業。大阪商船、[[東亜海運]]を経て海軍に。第154号[[海防艦]]長。海軍大尉。『機雷掃海戦-第154号海防艦長奮戦記』(光人社NF文庫)ISBN978-4-7698-2572-2 の著者。
* [[石井利雄]]:神戸高等商船学校機関科首席。海軍予備生徒機関科51期。海軍中尉。[[三井物産]]船舶部(現・商船三井)を経て海軍造船技師に。[[海防艦]]建造技師として、戦時中、43隻の海防艦を竣工させた。戦後、[[日本鋼管]]造船本部(現・[[JFEエンジニアリング]]、[[ユニバーサル造船]])勤務を経て、[[日本ブラストマシン]](現・[[JFEメカニカルプラントエンジ]])専務取締役。
* [[野瀬清次]]:神戸高等商船学校機関科卒業。海軍少尉。[[大阪府]]庁を経て、[[神戸製鋼所]]にて[[潜水艦]]の建造に従事。戦後、[[石川島播磨重工業]](現・[[IHI]])に移り、相生工場長をつとめた。90歳を超えて[[人間総合科学大学]]に入学したことで話題を呼んだ<ref>[http://www3.ocn.ne.jp/~nose/ 野瀬清次ホームページ]</ref>。
* [[森武]]:[[高等商船学校|神戸高等商船学校]]航海科卒業。海軍少佐。[[川崎汽船]]を経て海軍に。[[海防艦]]82号艦長。[[終戦の日|終戦]]間際、ソ連軍機襲撃下の[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]][[羅津港]]最後の脱出[[船|商船]][http://www.geocities.jp/kaneojp/02/0242.html 向日丸(むかひまる)]を護衛して[[元山]]向け航行中に[[舞水端里|舞水端]]南西沖でソ連雷撃機編隊と交戦3機撃墜後、自艦が被雷轟沈。生存将兵を向日丸が救出。戦後、[[海上保安庁]]、[[ダイゾー|大阪造船所]]を経て[[日立港]][[水先人|水先案内人]]<ref>[http://www.geocities.jp/kaneojp/03/0383.html 第82号海防艦の商船防護顛末秘録]