メインメニューを開く

差分

ゴーストになったサムはモリーのアパートで彼女と共にいた。サムは彼女からは見えず話しても声は届かない。カールはサムが死んでモリーに近づいていくようになり、モリーは断ったが気分転換の散歩は承諾する。2人が散歩に出かけた後、一人の男がモリーのアパートに侵入して来た。その男の顔を見てサムは驚愕する。それは自分を襲って殺したあの暴漢だったのだ。サムはその男に殴りかかるが空を切るばかり。そこにモリーが帰ってきてしまい、サムは危険を知らせようとするが効果がない。咄嗟にサムはモリーの猫【フロイド】をけしかけて男を追い出し、後を追った。
 
暴漢の男はそのまま地下鉄に乗り、追跡するサムもそれに乗るが、突然見知らぬ男【サブウェイゴースト】([[ヴィンセント・スキャヴェリ]])が「ここは俺の縄張りだ!」と襲ってきた。その男もゴーストだったのだ。その場を逃れて、再び暴漢の男を追跡したサムはその男のアパートを突き止めた。名前は【ウィリー・ロペス】([[リック・アビレス]])。アパートを出ると、近くに霊媒師の看板を見つけ、サムは中へ入った。何やらインチキ臭い霊媒師【オダ=メイ・ブラウン】([[ウーピー・ゴールドバーグ]])が客を相手にしていた。彼女がやっていることは明らかにインチキだったが、サムがおかしく茶々を入れているとオダ=メイは反応した。自分の声が彼女に聞こえていると知り驚くサム。彼女はそのとき初めて霊媒師として才能を開花させたのだ<ref>ちなみに、彼女の祖母と母には生来霊媒の能力があった。</ref>。
 
サムはオダ=メイを1晩中「[[ヘンリー8世 (イングランド王)|ヘンリー8世]]君」<ref>[[ハーマンズ・ハーミッツ]]により全米1位を獲得した曲。</ref>を聞かせ続けるという半ば脅迫めいたやり方ではあるが説得し、モリーに会わせた。サムしか知らないことをオダ=メイから言われたモリーは彼女を信じることになる。そしてサムは自分を殺した犯人の名前がウィリー・ロペスだとオダ=メイから彼女に言い聞かせた。
一方銀行では、カールが麻薬組織に再び渡すつもりだった金が無くなり口座が閉じられていることを知って狼狽していた。このままでは組織に殺されてしまうカールは慌てながらモリーのアパートへと駆け込んだ。そこでモリーから、オダ=メイが銀行で金を引き出していたという話を偶然聞いたカールは、突然金が無くなった理由はそれだと知り、すぐさま金を取り戻すべくウィリーと共にオダ=メイらが住むアパートへ向かった。サムの呼びかけで、間一髪2人から身を隠すオダ=メイとその姉妹。そして逆に、カールとウィリーからは見えないサムは物体を動かして反撃し、ウィリーを恐怖の底へ突き落とした。ウィリーはパニックに陥りながら逃げ惑った末に車道へ飛び出してしまい、走ってきた乗用車とバスに挟まれ死亡。彼もサムと同じくゴーストとなり、その事実を告げる自らが手にかけたサムの姿を再び目にした。それも束の間、周りから闇の使者達が現れ、罪を犯したウィリーを捕えて闇の世界へと連れて行ったのであった。
 
オダ=メイは再びモリーのアパートに逃げ込んだへ行きサムの死の真相を話すが、モリーはオダ=メイがかつて詐欺師として悪事を働き服役までしていたことを知った後であり、オダ=メイの能力をペテンだと思い、再び信じようとしなくなっていた。しかし、サムがかつてモリーに与えた「お守りの1セントコイン」を動かして示したことによりモリーは完全にゴーストのサムの存在とオダ=メイの能力を信じる。事情を理解してもらい警察を呼び待機していたが、「もう1度モリーに触れたい」というサムの言葉を聞いたオダ=メイはサムに自分の肉体を貸す。束の間再び触れ合い、再会間、を過ごすモリーとサムは再び触れ合うことができた
 
しかし警察が到着するよりも早くカールがモリーのアパートに来てしまった。屋根裏へと逃げるモリーとオダ=メイをカールは追い掛け金を返すよう詰め寄るが、姿の見えないサムに反撃され逆に逃げ惑う。そのままカールは、天井から吊るされていた工事用のワイヤーを投げつけて部屋の窓から逃げようとするが、揺れて戻ってきたワイヤーが頭上の窓ガラスを叩き割り、残っていた窓枠のガラスが落下して彼の胸に突き刺さった。絶命しゴーストとなったカールもウィリーと同様、束の間ではあるがサムと再会し、悪事に手を染めていたため闇の使者達にさらわれていった。
 
サムの心残りだったモリーへの危険が無くなったことで、サムの元に天国からの迎えが訪れる。その光がサムの姿を映し出し、遂にモリーはサムのゴーストを目にした。サムのゴーストはモリーに初めて「愛している」と告げた。彼女の答えは、サムがいつも口にしていた「Ditto(同じく)」だった。サムは、感動の涙を流すモリーと彼を惜しむオダ=メイに別れを告げ、天国へと旅立ってゆくのだった。
794

回編集