「鏡明」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: コメントアウト
{{Otheruses|'''小説家'''の鏡明|'''漫画家'''のかがみあきら|かがみあきら}}
{{Portal|文学}}
'''鏡 明'''(かがみ あきら、[[1948年]][[1月2日]] - )は、[[日本]]の[[小説家]]、[[SF作家]]、[[翻訳家]]、[[評論家]]、広告ディレクター。[[電通]]顧問(元・執行役員)。初期は'''岡田英明'''名義を使用した。
 
また、岡田英明名義でロック評論、レコードの対訳及び解説([[ザ・クラッシュ]]等)も行う。
 
「[[一の日会]]」「宇宙気流」「SF倶楽部」での仲間である、[[SF作家]]の[[横田順彌]]と仲がいい。鏡が190cmあるのに対して、横田が150cm程度と小柄なので、身長のことでよく2人は比較された。また、鏡の妻も「一の日会」でのSF仲間であり、横田・鏡とともに、[[平井和正]]の「一の日会」関係者を登場人物のモデルとした小説『超革命的中学生集団』に登場している<ref>横田順彌『ヨコジュンのびっくりハウス』(角川文庫)P.289</ref>。「鏡明」あるいは表記を変えた「加賀美明」の名前は、他にも平井の小説や原作を手がけた漫画にたびたび用いられている
 
寡作で知られ、非常に長期にわたってコラムを連載している『[[本の雑誌]]』誌上では、[[1987年]]からずっと、評論『アメリカの夢の機械』の刊行が予告されているが、いまだに発行されていない。
 
また、毎年『本の雑誌』誌上で、自身の前年のSFベスト10を発表しているが、ファンタジー系のレーベルや、[[ライトノベル]]系の作品などにも目配りしており、その射程範囲は非常に広い。少女雑誌『[[りぼん]]』昭和61年([[1986年]])8月号から掲載が始まった『[[ちびまる子ちゃん]]』(アニメ化は[[1990年]])にもメジャー系の評論家としては早い時期に評価をしていた(多忙な本業の中、[[洋書]]を含めてそれだけ多くの本を読めるのは、本を読むスピードが非常に速いせいだという
 
なお、『本の雑誌』[[1997年]][[3月]]の『本の雑誌』において、日本のSFが商業的に成功していない当時の状況へのいらだちから、「ここ十年のSFはみんなクズだ!」と題して[[高橋良平]]と対談し、いわゆる「[[SFクズ論争]]」の口火を切った。
 
2013年に開始した[[星新一賞]]の創設にもかかわった。
 
== 翻訳 ==
* [[エイブラハム・メリット]]『蜃気楼の戦士』早川書房, 1970
* [[ロバート・E・ハワード]]『風雲児コナン』早川書房, 1970
* ロバート・E・ハワード『狂戦士コナン』早川書房, 1971
* ロバート・E・ハワード『大帝王コナン』([[団精二]]との共訳)早川書房, 1972
* カーティス・ナイト『ジミ・ヘンドリックス ロック・ギターの革命児』岡田英明名義訳 スイング・ジャーナル社 1975
* ロバート・E・ハワード『スカル・フェイス』国書刊行会 1977.5. (ドラキュラ叢書 ; 第6巻)
* [[ピーター・S・ビーグル]]『最後の[[ユニコーン]]』早川書房, 1979.10
* 『[[スター・ウォーズ]] 帝国の逆襲]]―グラフィック・ファンタジー』東宝出版事業室, 1980.7
* [[ジム・モリスン]]『ウィルダネス―ジム・モリスン詩集』ソニー・マガジンズ 1991
* 『[[ドアーズ]]詩集』シンコー・ミュージック 1991
 
== 脚注 ==
匿名利用者