「靍岡賢二郎」の版間の差分

編集の要約なし
{{by|2010年}}に[[四国・九州アイランドリーグ]]の[[愛媛マンダリンパイレーツ]]に入団。45試合に出場し、89打数16安打で[[打率]].180・1本塁打・10[[打点]]の成績を残した<ref name="sponavi101130" />。
 
2010年10月28日の[[2010年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト会議]]で、[[横浜DeNAベイスターズ|横浜ベイスターズ]]から8巡目で指名。全12球団で68人が指名されたこの会議で最後の指名選手であった<ref name="sponavi101130" />が、11月11日に[[契約金]]700万円・[[年俸]]500万円(金額は推定)という条件で契約した。背番号は、姓の読みとポジションが同じ[[鶴岡一成]]が{{by|2008年}}シーズン途中までの横浜在籍中に付けた'''57'''<ref group="注釈">鶴岡一成は、2008年シーズン途中に[[讀賣読売ジャイアンツ]]へ移籍した後に、[[フリーエージェント (日本プロ野球)|国内FA権]]の行使によって2011年のシーズン終了後にDeNA(2011年12月に「横浜ベイスターズ」から「横浜DeNAベイスターズ」へ商号変更)へ復帰。復帰後の背番号は10だったが、[[久保康友]]の国内FA権行使による移籍に伴う補償措置で、2014年シーズンから[[阪神タイガース]]に在籍している。</ref>。
 
DeNAへの入団後は、3年目の{{by|2013年}}まで一軍公式戦への出場機会がなかった。[[イースタン・リーグ]]の公式戦では、1年目の{{by|2011年}}に54試合の出場で打率.244の成績を残したが<ref name="sponichi2013meikan" />、2年目の{{by|2012年}}には35試合の出場で打率.213にとどまった<ref name="sponichi2013meikan" />。2013年には、32試合の出場で打率.186と低迷している<ref>[http://bis.npb.or.jp/2013/stats/idb2_db.html 2013年度 横浜DeNAベイスターズ 横浜DeNAベイスターズ個人打撃成績(イースタン・リーグ)] - [[日本野球機構]]公式サイト、2014年4月20日閲覧。</ref>。
1,724

回編集