「45度線分析」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==概要==
45度線分析は「[[財市場]]」における需要と供給から経済を分析するものである。分析に[[貨幣市場]]を加えたものを[[IS-LM分析]]、貨幣市場と労働市場を加えたものを[[AD-AS分析]]と呼ぶ。45度線分析では、まず45度の傾きを持つ直線を引く(図 1参照)。この直線を45度線と呼ぶが、45度線は、縦軸の総需要(<math>AD</math>)、横軸の生産量(もしくは国民所得、<math>Y</math>)の2軸の値が等しくなるようなあらゆる点を示す直線である。すなわち<math>AD=Y</math>となるような組み合わせであり、総需要と生産量が等しくなるようなあらゆる点を示す直線である。この45度線は総需要と総供給が等しくなりうるあらゆる点を示す直線であるとも言える<ref name = "Andrew 2001">{{citation
| author = Andrew Gillespie
| publisher = Oxford University Press