「巽真悟」の版間の差分

[[速球|ストレート]]とキレのある縦の[[スライダー (球種)|スライダー]]を武器に、[[カーブ (球種)|カーブ]]、[[チェンジアップ]]、[[カットボール]]、[[ツーシーム・ファストボール|ツーシーム]]も投げ分ける<ref>関西の逸材3投手を追いかけて 『アマチュア野球』第20号、日刊スポーツ出版社、2008年、雑誌66835-16、52-54項。</ref>本格派。大学時代には、ストレートで最速149km/hを計測した。その一方で、不調に陥ると投球フォームが崩れるため、投球内容は安定しなかった<ref name="ama2008">ドラフト候補をたっぷり語る『アマチュア野球』第20号、日刊スポーツ出版社、2008年、雑誌66835-16、37項。</ref>。
 
自身と同じ和歌山県の出身で、西武のエースとして活躍した右腕投手・[[西口文也]]に細身の体格や投球フォームが似ていることから、現役時代には「西口二世」と呼ばれていた。高校時代には、新宮高校の先輩でもある[[藪恵壹]]と同じくスライダーを武器にしていたことから、「藪二世」として報じられたこともある。
 
足も速く、大学時代は塁に出ると盗塁のサインも出されていた<ref name="ama2008"></ref>。ソフトバンク時代の2015年5月6日には、[[阪神タイガース|阪神]]とのウエスタン・リーグ公式戦([[県営八代運動公園]])に帯同していたところ、8回裏の攻撃中に打者の[[張本優大]]が頭部に死球を受けて退場。この時点でチームがベンチ登録の野手を使い切っていたことから、投手登録の巽が、張本の代走に起用された<ref>[http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2015050601/ 2015年5月6日 2軍試合結果:福岡ソフトバンク対阪神]福岡ソフトバンクホークス</ref>。この時は得点には至らなかったものの、三塁まで進んでいる。
匿名利用者