「郷土料理」の版間の差分

過剰な句読点の除去など文章構成の見直しと不明瞭な表現の補足
m (240F:6F:F651:1:81FB:5412:55E5:CF12 (会話) による ID:62589540 の版を取り消し)
(過剰な句読点の除去など文章構成の見直しと不明瞭な表現の補足)
郷土料理は、その地域から得られる[[食材]]を使っていることが主な特徴で、調理方法も他に見られない独特のものである。[[家庭料理]]と重なる事もあり、農業・山林業・漁業を[[生業]]としている土地の「ふるさと料理」となる事もある。
 
郷土料理は様々な理由に伴う地域色が色濃く強く出ている。[[気候]]風土や[[地理]]条件により得られる食品[[調味料]]に制約があることが影響している場合が多く、また保存方法(→[[保存食]])の違いによっても利用できる食材が異なる。また気候によっては発汗を促す[[香辛料]]を多用したり、逆に体を温める[[生薬]]や[[ハーブ]]をとりいれるなど、より[[健康]]にすごせるように工夫がなされることも少なくない。
 
== 背景 ==
<!-- 同じことの繰り替えしや、意味が不明確な文章ばかりであり、整理が必要 -->
来歴に[[歴史]]の影響が残るものも多く、地元の[[名士]]や[[領主]]が郷土料理の発展に強く関与している場合もある。これらは地域の[[文化]]や歴史と不可分である傾向すら見られ、[[民俗学]]的にも様々な研究が成されている。調理方法や食材には、周辺地域の関与がみられる場合もあるほか、その地域に居付いた者が料理素材となる作物や調理法を伝えたものもあり、地域の歴史や文化を伝えるものともなっている。
 
多くの場合、郷土料理に挙がるものはある程度の広がりをもつ地域ごとに根強く支持、継承されてきた料理群で構成されているが、時代を下がって[[交通]]・[[輸送]]や[[通信]]([[放送]])が活発になった[[19世紀]]~[[20世紀]]以降は、次第に様々な地域の郷土料理が[[都市|都市部]]を中心に地方や他国の出身者が居付く・その他の地域の出身者が伝え広めるなどの形でや、更には「目新しい飲食店」として根付くなどの形で集められるようになり、また地域によってはすでに根付いている郷土料理に他の地方の郷土料理を取り入れるなど、地域に束縛されず様々な場所で様々に変化しながら楽しまれている様子も見られる。知名度を増した料理の一部は[[ファーストフード]]などに形を変えながら定着するといった現象も見られる。こういった広い地域で受け入れられた料理は[[ピザ]]などが代表的(→[[ピザの歴史]])だが、例えば近年(2000年代)の日本でイギリスの[[フィッシュ・アンド・チップス]]が[[コンビニエンスストア]]の[[軽食|スナックメニュー]]として登場したりなどしている。
 
郷土料理の発達に於いては、その地域でしか賞味できない食材というものが多々影響している。これは保存が利かない食材や、逆に寒冷地や乾燥地など保存性がいいことで多用される食材もあるなど、地域の気候風土で他の食材が得られない場合に発達する食文化である。保存手段の存在しなかった[[生鮮食品]](しかも[[賞味期限]]が短い)などはその地域で消費するしかないし、輸送の便が悪く他の食材では鮮度が著しく低下してしまうため、限られた食材を最大限に生かそうと地域で得られた食材と組み合わせ何とか食べられるよう創意工夫を凝らしたものも見られ、例えば[[ワニ料理]]<ref>ここでいう「ワニ」とは「[[サメ#食材としてのサメ|サメ]]」のことである(本来サメの呼び名のひとつであった「わに」が特定の地方で廃れずに残ったもの)。</ref>のように、食材の性質として保存性が優れていることから内陸地で利用が進んだ魚料理がある。