「西川美和」の版間の差分

処女作から一貫して「監督自身が見た夢」から得たインスピレーションで作品作りを続けてきた監督が、ついに「夢そのもの」を題材に描く『[[夢売るふたり]]』が2012年9月公開。
 
2015年には小説『[[永い言い訳]]』で第28回[[山本周五郎賞]]候補<ref>{{Cite web|url= http://www.sankei.com/life/news/150429/lif1504290022-n1.html |title= 三島賞・山本賞の候補作発表 |publisher= 産経ニュース |date= 2015-04-29 |accessdate= 2015-06-19 }}</ref>、第153回直木賞候補<ref>{{Cite web|url= http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/06/19/kiji/K20150619010566060.html |title= 直木賞候補には映画監督の西川美和氏ら 馳氏は6回目ノミネート |publisher= Sponichi Annex |date= 2015-06-19 |accessdate= 2015-06-19 }}</ref>。2016年に自身により映画化<ref name=today150730>{{cite web|url=http://www.cinematoday.jp/page/N0075263|title=『ゆれる』西川美和監督、直木賞候補作の自著「永い言い訳」を映画化!|publisher=シネマトゥデイ|date=2015-07-30|accessdate=2015-07-30}}</ref><ref name="sponichi20160916">[http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/16/kiji/K20160916013365790.html “カープ女子”の西川監督 広島優勝の年に映画公開「神ってます」] - Sponichi Annex(スポーツニッポン新聞社)2016年9月16日</ref>。本作で第71回[[毎日映画コンクール]]・監督賞を受賞<ref>{{cite news|url=http://natalie.mu/eiga/news/217340|title=毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠|newspaper=映画ナタリー|date=2017-01-19|accessdate=2017-01-19}}</ref>。
 
==人物・逸話==
1,702

回編集