「斎藤宗円」の版間の差分

子供の追加
(子供の追加)
'''斎藤 宗円'''(さいとう そうえん、[[康応]]元年([[1389年]]) - [[宝徳]]2年[[9月1日 (旧暦)|9月1日]]([[1450年]][[10月6日]]))は、[[室町時代]]の[[武将]]。[[美濃国|美濃]][[守護代]]。宗円は入道名で諱は利明(としあき)か。父は[[斎藤祐具]]。子に[[斎藤利永|利永]]、[[斎藤妙椿|妙椿]]、[[斎藤利任|利任]]<ref>妙椿と同一人物との説もある。</ref>、[[周倫]]。[[越前国|越前守]]と称す。法名は月庭宗円居士。
 
[[文安]]元年([[1444年]])閏6月19日、京都の土岐屋形において[[土岐氏]]の[[守護代]]である[[富島氏]]を殺害する。この時、逃亡に成功した富島八郎左衛門は、土岐氏被官3名を捕らえて殺害、守護代邸に放火した後、[[管領]][[畠山持国]]に事の次第を訴えたが、相手にしてもらえなかったため、一族郎党挙げて美濃に下国、7月10日、垂井で土岐軍と戦い勝利する。更に8月6日、10日の両日、斎藤氏の館に攻め寄せたが、守護[[土岐持益 (守護)|土岐持益]]及び宗円が着陣すると戦闘は小康状態となった。この後、富島氏に替わり美濃守護代となる。
34

回編集