「登竜橋 (荒川)」の版間の差分

link
編集の要約なし
(link)
|建設 = - 1955年
}}
'''登竜橋'''(とうりゅうばし<ref name="Tozandousyoukai">[http://www.pref.saitama.lg.jp/b0504/kokuritsu-tozandou.html 秩父多摩甲斐国立公園(埼玉県内)の登山道紹介] - 埼玉県、2015年3月3日閲覧。</ref>)は[[埼玉県]][[秩父市]]大滝の[[荒川 (関東)|荒川]]に架かる大輪三峰線歩道(三峰山表参道)<ref name="Tozandousyoukai"/>の人道橋(歩道橋)である。[[旧字体]]で'''登龍橋'''とも称する。また、'''大輪登竜橋'''とも呼ばれる<ref>[http://www.chichibu.co.jp/topics/2011/10/4835/ 第35回奥秩父大滝紅葉まつり(秩父市三峰)] - アイサーフ株式会社(WebGuide秩父)、2015年3月3日閲覧。</ref>。
 
== 概要 ==
荒川河口から143.5[[キロメートル|km]]の位置に架かる<ref name="amoanote8">{{Cite web |date= |url=http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/info/question/image/arakawa-sumida.pdf |title=企画展「荒川の橋」荒川・隅田川の橋(amoaノート第8号) |format=PDF |publisher=荒川下流河川事務所(荒川知水資料館) |page= |accessdate=2015-02-05 |archiveurl=http://web.archive.org/web/20051108163526/http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/info/question/image/arakawa-sumida.pdf |archivedate=2005-11-08}}</ref>[[三峰山]]の登山道の入口に位置している橋でおり、[[江戸時代]]以前より続く[[三峯神社]]への参拝のための三峰山表参道の一部でり、またる。かつて運営されていた[[三峰ロープウェイ]]([[2007年]][[12月1日]]廃止)の大輪駅への交通手段となっていた橋である。現在の橋は1955年完成の三代目の橋で、橋長40.0メートル、幅員2.5メートル、支間長39.6メートル<ref name="doboku1955">[http://library.jsce.or.jp/jscelib/h_bridge/34673.htm 登竜橋1955-] - - 土木学会付属土木図書館、2015年3月1日閲覧。</ref>の1径間の上路式の鋼[[アーチ橋]]の永久橋である。橋の床板はコンクリート製で[[石畳]]風の舗装である。高欄は鋼製で[[擬宝珠]]を有する宝珠柱が設置されている。朱塗りが橋全体に施されている。取り付け道路は斜面に沿ってクランク状の線形を有し、敷石舗装が施されている。橋の管理者は秩父市である<ref name="Shigikai36-3">{{PDFLink|[http://www.city.chichibu.lg.jp/secure/10421/gikaidayori36.pdf ちちぶ市議会だより 第36号]}}p. 5 - 秩父市ホームページ、平成26(2014)年5月10日、2015年3月3日閲覧</ref>。橋は運用上は歩行者専用の橋で、車止めは設置されていないが、秩父市により一般車両の通行が禁止されている。橋を通る公共交通機関は設定されていないが、橋詰付近を通る[[国道140号]]に[[西武観光バス]]の「大輪」停留所がある<ref>{{PDFLink|[http://www.seibubus.co.jp/chichibu/chichibu.pdf 西武観光バス路線案内図(秩父営業所管内)]}} - 西武バス、2015年3月3日閲覧。</ref><ref>[http://www.city.chichibu.lg.jp/menu2056.html 秩父市内路線バスのご案内] - 秩父市、2015年3月3日閲覧。</ref>
 
現在の橋は[[1955年]]([[昭和]]30年)完成の三代目の橋で、橋長40.0メートル、幅員2.5メートル、支間長39.6メートル<ref name="doboku1955">[http://library.jsce.or.jp/jscelib/h_bridge/34673.htm 登竜橋1955-] - - 土木学会付属土木図書館、2015年3月1日閲覧。</ref>の1径間の上路式の鋼[[アーチ橋]]の永久橋である。橋の床板はコンクリート製で[[石畳]]風の舗装である。高欄は鋼製で[[擬宝珠]]を有する宝珠柱が設置されている。朱塗りが橋全体に施されている。取り付け道路は斜面に沿ってクランク状の線形を有し、敷石舗装が施されている。橋の管理者は秩父市である<ref name="Shigikai36-3">{{PDFLink|[http://www.city.chichibu.lg.jp/secure/10421/gikaidayori36.pdf ちちぶ市議会だより 第36号]}}p. 5 - 秩父市ホームページ、平成26(2014)年5月10日、2015年3月3日閲覧</ref>。橋は運用上は歩行者専用の橋で、車止めは設置されていないが、秩父市により一般車両の通行が禁止されている。橋を通る公共交通機関は設定されていないが、橋詰付近を通る[[国道140号]]に[[西武観光バス]]の「大輪」停留所がある<ref>{{PDFLink|[http://www.seibubus.co.jp/chichibu/chichibu.pdf 西武観光バス路線案内図(秩父営業所管内)]}} - 西武バス、2015年3月3日閲覧。</ref><ref>[http://www.city.chichibu.lg.jp/menu2056.html 秩父市内路線バスのご案内] - 秩父市、2015年3月3日閲覧。</ref>。
 
== 歴史 ==
[[ファイル:Ootaki Saitama Kyu-touryuubashi 1.jpg|thumb|1914年架設の旧登竜橋。]]
=== 明治時代の橋 ===
初代の橋はいつから架けられていたかは定かではないが、[[明治|明治時代]]までに<ref name="furusatoomoide"/>現在の橋よりやや下流側の岩の上の低い位置に橋脚を立て、高欄付きの木製の[[桁橋]]が初代の登竜橋として架けられていた。この初代の橋は周辺は渓が深いため、その箇所は橋脚が立てられないことから見かけの支間長を小さくするため、両岸から河道の方向に斜めに方杖を2本立てた橋脚を用いて橋桁を支えていた木造方杖橋であった<ref name="furusatoomoide"/><ref name="doboku1914">[http://library.jsce.or.jp/jscelib/h_bridge/13050.htm 登龍橋1914-] - 土木学会付属土木図書館、2015年3月3日閲覧。</ref>。この橋は老朽化により1914年架け替えられた<ref>{{Cite web |date=2004 |url=http://library.jsce.or.jp/Image_DB/committee/steel_structure/book/50915/50915-0009.pdf |title=わが国の木造アーチ橋の変遷 |format=PDF |publisher=土木学会付属土木図書館 |page=12 |accessdate=2015-03-03}}([http://library.jsce.or.jp/Image_DB/committee/steel_structure/bklist/50915.html 木橋技術に関するシンポジウム論文報告集])</ref><ref name="doboku1914"/>。橋の遺構や痕跡は残されていない。
 
=== 1914年の橋 ===
初代の橋の川上側の位置に[[1914年]]([[大正]]3年)開通し、初代の橋より付け替えられた二代目の旧登竜橋は初代の橋よりも高い位置に架設され、斜材を逆ハの字に組んだ[[トラス橋#プラットトラス|プラットトラス]]構造を持つ1径間の木造上路トラスドアーチ橋<ref name="doboku1914"/>で、橋の設計者は[[増田淳]]である。橋長は40.006メートルあり<ref name="Keisansho-53">『登龍橋計算書』p. 53。</ref><ref>土木学会の歴史的橋梁データベースでは65.0メートルと記され、『わが国の木造アーチ橋の変遷』p. 12(p. 4)で35.0メートルと、文献によって差異が見られる。</ref>、支間長は38.4メートル、幅員は総幅員は3.9メートルで有効幅員は3.0メートルである<ref name="Keisansho-5">『登龍橋計算書』p. 5。</ref>。橋面は橋の両端と中央部で0.9メートルの高低差があるため、太鼓橋のように弓なりに反った構造で、アーチリブの全体の高さは支承より5.8メートルである<ref name="Keisansho-14">『登龍橋計算書』p. 14。</ref>。高欄は檜材製で銅製の擬宝珠が取り付けられた宝珠柱が14箇所設置されていた<ref name="Keisansho-53"/>。アーチライズ比が小さく一見すると桁橋のようにも見える。構造上橋の両端は勾配が付くため階段状に凹凸が設けられていた。
 
=== 1955年の橋 ===
[[ファイル:Chichibu Touryuubasi 2.jpg|thumb|現行の登竜橋。]]
先代の橋が架橋から約40年が経過し老朽化したため、ほぼ同様の位置に旧橋のデザインを踏襲した鋼製で、ほぼ同様な構造の鋼上路2ヒンジトラスドアーチ橋として架け替えられ、[[1955年]](昭和30年)開通した<ref name="Arajin2-231">『荒川 人文II -荒川総合調査報告書3-』231頁。</ref><ref name="doboku1955"/>。これが現在の登竜橋である。橋の施工は[[松尾橋梁]](現、[[IHIインフラシステム]])が行なった<ref name="doboku1955"/>。また、橋面は木製からコンクリート製に変わり、高欄の宝珠柱は架け替え前の14箇所から10箇所に減らされた。竣工当時は[[大滝村 |秩父郡]][[大滝村]]に架かる橋であったが、[[2005年]]([[平成]]17年)4)[[4月1日]]の合併(平成の大合併)により秩父市の橋となった。
登竜橋は架設から50年以上が経過し、近年橋の床板の背面にコンクリートの剥落により内部の鉄筋の腐食や露出が見られるため、秩父市による補修が望まれている<ref name="Shigikai36-3"></ref>。
 
== 周辺 ==
[[ファイル:Chichibu Arakawa Touryuubasi 1.jpg|thumb|登竜橋より下流方向を望む。]]
周囲は[[三峰山]]([[妙法が岳]])のふもとで[[秩父多摩甲斐国立公園]]の公園区域である普通地域の区域に指定されている他、橋から三峯神社へと続く三峰山表参道は特別地域の区域でもある<ref>[http://www.env.go.jp/park/chichibu/ 秩父多摩甲斐国立公園] - 環境省、2015年2月5日閲覧。</ref>。橋付近は約2億年前の[[秩父帯]]の地層を有した<ref name="coursemap">{{PDFLink|[http://www.chichibu-geo.com/img/geo_wm_corse2_hp.pdf ジオパーク秩父を楽しむコースマップ!]}} - [[ジオパーク秩父]]、2015年3月3日閲覧。</ref>山間部の深い[[V字谷]]となっていて、斜面にへばり付くように点在する大輪地区の集落が点在する他は山林である。
 
橋の取り付け道路の入口には土産物屋などの他、三峯神社の鳥居(一の鳥居)や狛犬を模した[[オオカミ|狼]]の像が鎮座し、表参道には江戸時代以前より設立された多数の石碑などが並び、杉並木が続いている<ref>[http://www.chichibuji.gr.jp/?p=1634 三峯神社表参道コース] - 秩父観光協会、2015年3月1日閲覧。</ref>。付近にある洞窟には[[縄文時代|縄文]]遺跡も存在している<ref>[http://doukutsu.com/saitama/kaniwa.html 神庭鍾乳洞・神庭半洞窟] - スターエイジ株式会社(洞窟どっとこむ)、2015年3月4日閲覧。</ref>。
橋付近の三峰登竜渓は彩の国クールスポット100選に選ばれている<ref>[http://www.kannet-sai.org/coolspot/spot/chichibu/ 彩の国 クールスポット100選] - 認定特定非営利活動法人 環境ネットワーク埼玉、2015年3月3日閲覧</ref>。また、奥秩父の紅葉の名所で紅葉シーズンには登竜橋の[[ライトアップ]]が実施される<ref>{{PDFLink|[http://www.city.chichibu.lg.jp/secure/6272/231000.pdf 市報ちちぶ 2011年10月号]}}p. 8 - 秩父市、2011年10月10日、2015年3月3日閲覧。</ref>。
 
== 周辺 ==
* [http://www.pref.saitama.lg.jp/b0112/chichibujijyouhou/h250815kaniwa.html 神庭洞窟遺跡]
* 大輪・神岡歩道
 
== 参考文献 ==
* {{Cite web |date=2004 |url=http://library.jsce.or.jp/jscelib/committee/2006/draw/masuda/pdf/13.pdf |title=『登龍橋計算書』 |format=PDF |publisher=土木学会付属土木図書館 |page= |accessdate=2015-03-03}}
* 埼玉県県民部県史編さん室『荒川 人文II - 荒川総合調査報告書3-3 - 』、埼玉県、1988年3月5日。
* 清水武甲/千嶋寿編集『ふるさと思い出写真集 明治大正昭和 秩父』、[[国書刊行会]]、1983年11月28日。