「フォーミュラチャレンジ・ジャパン」の版間の差分

マシンは[[フォーミュラ・ルノー]]用マシンをベースに新たに開発された専用シャシー「FC106」(イタリア・[[タトゥース]]社製、実体はフォーミュラ・ルノー用マシンそのままといわれる)を使用し、エンジンは[[ルノー]]製の2L 直4(エンジンメンテナンスは[[ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル|NISMO]]が担当)。タイヤは[[ダンロップ]]の[[ワンメイク]]。このためコントロールタイヤの開発は、ダンロップのワークスドライバーである[[服部尚貴]]が中心になって行われており、服部はシリーズ全体のアドバイザーも務めている。
 
なお、フォーミュラ・ルノー用マシンをベースとしていることに対し、[[日本自動車レース工業会]](JMIA)などは「日本のレース界のためには国産マシンの採用が不可欠」とした不満を表明していた<ref>[http://www.sports-carracing.net/2008/2008news.htm Sports-Car Racing]</ref>
 
ちなみに同マシンは、2014年より[[フォーミュラトヨタ・レーシングスクール]]用の車両に転用されているほか<ref>[http://ms.toyota.co.jp/jp/tdp/14ftrs_info.html 2014年 『フォーミュラトヨタ・レーシングスクール』の開催について] - トヨタ自動車・2014年3月4日</ref>、一部は[[フォーミュラ4]](F4)用にモディファイを受け、同年よりF4に新設された「FCクラス」に参戦している<ref name=formula4>[http://ms.toyota.co.jp/jp/f4/2014-racing-car.html F4 2014年 レース車両解説] - TOYOTA Racing</ref>。
63

回編集