「ICE TD」の版間の差分

情報表拡充
(下位カテゴリに移動)
(情報表拡充)
{{出典の明記|date=2014年5月}}
{{鉄道車両
| 車両名 = ICE TD
| 背景 = #AC1439
| 文字色 = #FFFFFF
|画像 = ICE-TD Berlin Ostbahnhof.jpg
| 画像説明 = ICE-TD TDBerlin Ostbahnhof.jpg
| 画像説明 = ICE TD
|unit = self
| 運用者 = [[ドイツ鉄道]]、[[デンマーク国鉄]]
|編成 = 4両編成×20本 (Mc-M-M-Mc)<br />1両につき1台車が動力台車
| 製造メーカー = [[シーメンス]]、[[ボンバルディア・トランスポーテーション|ボンバルディア]]
|最高速度 = 200 km/h
| 製造年 = 2001年
|編成長 = 106.7 m
| 製造数 = 20編成
|編成出力 = 2,240 kW
| 運用開始 = 2001年7月
|機関 = 電気式
| 編成 = 4両編成×20本 (Mc-M-M-Mc)<br />1両につき1台車が動力台車
|機関出力 = 560 kW
| 軌間 = 1,435 mm
|製造メーカー = [[シーメンス]]、[[ボンバルディア・トランスポーテーション|ボンバルディア]]
| 最高速度 = 200 km/h
| 編成定員 =
| 編成重量 =
| 長さ =
| 幅 =
| 高さ =
| 編成長 = 106.7 m
| 台車 =
| 動力伝達方式 = 電気式
| 機関 = [[カミンズ]]製 QSK19-R
| 機関出力 = 560 kW
| 発電機 =
| 主電動機 =
| 主電動機出力 =
| 編成出力 = 21,240700 kW
| 制動装置 =
| 保安装置 =
| 備考 =
}}
'''ICE TD'''は、[[ドイツ鉄道]]の高速列車[[ICE]]に使用される[[車体傾斜式車両|車体傾斜式]][[気動車]]である。ICEによる高速化の効果を非電化路線へも拡大するため、[[ICE T]]の気動車版として[[2001年]]に4両編成20本が製造された。形式は'''605形''' (''Baureihe 605:BR605'') となった。
車体傾斜機構は610形気動車やICE-Tで実績のあるフィアット社製ではなく、[[ドイツ]]・[[シーメンス]]製を採用している。ドイツでは[[1992年]]より[[快速列車|快速]] (RE) 用の車体傾斜式気動車である[[ドイツ鉄道610型気動車|610形]]を投入しており、その後[[ドイツ鉄道611型気動車|611形]]・[[ドイツ鉄道612型気動車|612形]]が投入されているが、[[優等列車]]用の車体傾斜式気動車としてはこのICE TDが初めてのものとなった。
 
動力伝達方式は610形気動車同様の電気式で、[[ディーゼルエンジン]]で交流発電機を駆動し、交流電動機を駆動するものである。1両あたりの発電出力は560kW、電動機出力は425kWで、各車両に2台ある台車のうち1台が動力台車である。最高速度は200km/hである。
 
== 編成 ==
9,726

回編集