「ホジェンド」の版間の差分

m
+{{lang}} style
m (+{{lang}} style)
{{世界の市
|正式名称 =Khujand
|公用語名称 ={{lang|tj|Хуҷанд}}
|愛称 =
|標語 =
}}
 
'''ホジェンド'''([[ペルシア語]] خجند Khujand/Khojand)は、[[タジキスタン|タジキスタン共和国]][[ソグド州]]の州都。[[トルキスタン支脈]]と[[モゴルタウ山脈]]の間の[[フェルガナ峡谷]]への入り口に位置し[[シルダリヤ川]]が流れる。[[タジク語]]では、'''フジャンド'''({{lang|tj|Хуҷанд}})(Khujand)。ソビエト時代は、'''レニナバード'''('''Leninabad ''')と呼ばれた。1996年の人口は18万人。
 
ホジェンドはイスラム神学のエリートである[[ホージャ]]の領地である。その規律と互助は、ホジェンド出身者が1980年代に至るまで権力を維持することを助けた。