「スガイ」の版間の差分

m
→‎近似種: correct binomial name
m (→‎近似種: replace deadlink with archiveurl)
m (→‎近似種: correct binomial name)
*'''[[オオベソスガイ]]'''(大臍酢貝){{snamei||Lunella cinerea}} ({{auy|Born|1778}}) <br/>殻径4cm前後。食用。オオベソスガイ属 {{snamei||Lunella}} {{auy|Röding|1798}} の[[タイプ種]]。[[奄美群島]]以南の[[熱帯]]太平洋の潮間帯の岩礁、転石地に分布。スガイ同様に波静かな環境に多い。名前に大[[臍]]とある通り、常に臍孔が明瞭に開くのが特徴の一つである。殻表は比較的滑らかで目立つ突起などはなく、僅かなイボ状、あるいは縄文状の彫刻が見られる程度である。螺塔はほとんど平坦で、殻口の下端は伸びる。殻表には不規則で細かい模様があり、淡緑色や灰褐色、オレンジ色など変異が多い。一般に周縁部は淡色になる。蓋はスガイに似る。オオベソスガイという和名は、[[1919年]]に[[岩川友太郎]]によって次のオガサワラスガイに対し付けられた名であったが<ref>[[岩川友太郎]](1919) 『日本産貝類標本目録』 東京帝室博物館.</ref>、長期に渡って両者が混同された結果、本種 ''L. cinerea'' の和名として定着してしまったため、「本来のオオベソスガイ」であった小笠原のものにはオガサワラスガイという別名が与えられた。
 
*'''[[オガサワラスガイ]]''' {{snamei||Lunella ogasawaranusogasawarana}} Nakanao, Takahashi et Ozawa, 2007<br/>永らく有効な学名のない種であったが、2007年に新種として記載された<ref name="ogasawarana"/>。殻径は最大で4cm前後になる。斑紋が全くなく全体が単調な暗緑色で臍孔が明瞭に開く。殻表には細かく弱いイボ状彫刻があるが、目立つ突起はない。蓋はスガイに似る。[[小笠原諸島]]の[[父島]]と[[兄島]]の波静かな転石海岸の潮間帯に生息する。同諸島の[[固有種]]で古くは多産したが、20世紀末頃から個体数の減少が顕著になり、[[レッドデータブック|『東京都の保護上重要な野生生物種-1998年版-』]]では「CR:絶滅寸前」と評価された<ref name="RedDataBook">{{cite book
|chapter=海産貝類(小笠原諸島)
|chapterurl=http://web.archive.org/web/20041028155058/http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/rdb/ogasawara.kai.kaisan.htm