メインメニューを開く

差分

*魚が七分に水三分
 
猿沢池の水は、決して澄むことなくまたひどく濁ることもない。水が流入する川はなくまた流出する川もないのに、常に一定の水量を保っている。[[亀]]はたくさんいるが、なぜか[[蛙]]はいない。なぜか[[藻]]も生えない。毎年多くの[[魚]]が放たれているので増える一方であるにもかかわらず、魚であふれる様子がない。水より魚の方が多くてもおかしくないような池なのである
 
== 伝説・その他 ==
*猿沢池の名前の由来は、[[インド]]の[[ヴァイシャーリー|ヴァイシャーリー国]]の猴池(びこういけ)から来たものと言われている。猴の字義としては、尾の短い種類のサルをさしている。
*奈良県[[大淀町]]には、興福寺の僧に恋をした娘おいのが身を投げたといわれる「おいの池」がある。伝説ではおいの池と猿沢池は地中でつながっており、身を投げたおいのの笠が猿沢池に浮かんでいたという。
*[[1959年]]に、[[七不思議]]に反して池の水が赤くなった時には、「この世の終わりだあああぁぁぁ」と騒がれたという。
 
== 写真 ==
匿名利用者