「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」の版間の差分

項目名および本文の誤字修正(遺失兵装→遺跡兵装)、聖剣の解説を補筆
(cl)
(項目名および本文の誤字修正(遺失兵装→遺跡兵装)、聖剣の解説を補筆)
地上が滅びる前の戦いで石化し、一人だけ死を逃れた準勇者(クアシ・ブレイブ)ヴィレム・クメシュは、500年後の空の上で目を覚ます。守りたかったものを守れず、それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望や莫大な借金から世捨て人のような生活を送っていた。が、グリックの好意から始めた兵器管理の仕事の中でクトリら'''妖精兵'''たちと出会う。
 
'''妖精兵'''は、使いまわしの効く超兵器である遺兵装(正体はかつて人間の勇者が使っていた聖剣)を与えられ戦場に送り込まれる、使い捨ての兵器だった。そのことを知ったヴィレムは、世捨て人であることをやめ、いま自分にできることを探し始める──
 
== 登場キャラクター ==
: 声 - [[麦人]]<ref name="cast5" />
 
== 聖剣(遺兵装) ==
聖剣とは、水晶片を核に、23個以上の護符(タリスマン)が組み合わされを呪力線で束ねて作られた剣のことである。セニオリスのように戦場で偶然作られたものもあるが、ヴィレムの扱えるくらいのものは生産することができている。護符ひとつひとつは、大したことがない効果である。相手の力を利用することで、圧倒的な戦力差を覆すことができる。
 
; セニオリス
匿名利用者