「レイ・チャールズ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
[[ファイル:Nancy_Reagan,_Ray_Charles,_Ronald_Reagan.jpg|thumb|[[ロナルド・レーガン]][[アメリカ合衆国大統領|大統領]]、[[ナンシー・レーガン]]と。(1984年)]]
20年近く麻薬を常用していたが、[[1965年]]に3度目の逮捕後、[[ロサンゼルス]]の更生施設に入所、ヘロインを絶つことに成功した。チャールズは[[ジョージア州]]が行う黒人差別を反対、同州でのコンサートをキャンセルしたため、州はチャールズを追放していたが、[[1979年]][[4月24日]]、ジョージア州議会は追放を撤廃、『''Georgia On My Mind'' (わが心のジョージア)』を正式な州歌と定めた。1980年には映画『[[ブルース・ブラザー]]』(1980年)に楽器店店主の役で出演し、『''Shake Your Tailfeather''』を演奏している。また[[1985年]]には[[USAフォー・アフリカ]]に参加し、[[ウィ・アー・ザ・ワールド]]のブリッジ部分でリードボーカルをとった。
 
[[1989年]]には、[[サザンオールスターズ]]の「[[いとしのエリー]]」をカヴァーしたことで日本で話題になる。この曲をカヴァーするに至る経緯は、[[サントリー]]が発売する[[ウイスキー]]「[[サントリーホワイト|ホワイト]]」のCMソングとして、日本の楽曲をカヴァーして欲しいという依頼がチャールズに舞い込んだことによる。幾つか提示されていた楽曲の中で唯一気に入ったとされるこの曲のカヴァーが起用され、日本でヒットを記録することとなる。日本では、[[2002年]]にも[[ドキュメンタリー番組]]「[[いのちの響]]」に取り上げられてもいる。