「マイクロメートル」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎表記・発音: リンク追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
単位系=[[国際単位系]](接頭辞をつけた基本単位)|
物理量=[[長さ]]|
定義=10<sup>-6−6</sup> m|
画像=<!-- マイクロメートルスケールの何か -->}}
 
'''マイクロメートル'''(micrometre, 記号'''µm''')は、[[国際単位系]] (SI) の[[長さ]]の[[単位]]である。漢字では'''[[wikt:en:粆|粆]]'''と表記されることもある<ref>{{Cite web|url=http://www.wdic.org/w/CUL/%E7%B2%86|title=粆|work=通信用語の基礎知識|accessdate=2016-11-23}}</ref>。
 
マイクロメートルは[[メートル]]に[[SI接頭辞]]の[[マイクロ]]をつけたものであり、{{val|1|u=マイクロメートル}}は {{val|e=-6|ul=メートル}} (m) に等しい。よって、{{val|0.001|ul=ミリメートル}}、{{val|1000|ul=ナノメートル}} とも等しい。
 
マイクロメートルは[[赤外線]]の[[波長]]程度の長さである。
==ミクロン==
以前は同じ長さの'''ミクロン'''(micron, 記号:µ)という単位が使われていた(これには[[マイクロメータ]](micrometer)と混同を避けるためという意味もあった)。
これは[[1879年]]の国際度量衡総会(CGPM)で承認されたものであったが、[[1967年]]の国際度量衡総会で廃止された。ミクロンはSI併用単位にも含まれておらず、10<sup>-6−6</sup> &nbsp;mを表すにはマイクロメートルを使うのが望ましい。
 
日本の計量法では、その附則第3条第2項及び附則別表第2により暫定的に使用することができたが、1997年10月1日からは使用が禁じられている<ref>[http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%76%97%ca%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H04HO051&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1] 計量法附則第3条第2項、附則別表第2</ref><ref>[http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%76%97%ca%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H04SE358&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1] 計量法附則第三条の計量単位等を定める政令 第2号、別表第2 項番1 </ref><ref>[http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%76%97%ca%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H04F03801000081&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1] 計量法附則第三条の計量単位の記号等を定める規則 別表(長さの欄 ミクロン、ミリミクロン)</ref>。
==関連項目==
* [[長さの比較]]
**[[1 E-4 m]] 100 µm{{~}}1mm1 mm
**[[1 E-5 m]] 10 µm{{~}}100 µm
**[[1 E-6 m]] 1 µm{{~}}10 µm
* [[単位一覧]]
* [[単位の換算一覧]]
* [[ミクロメーター]]
 
{{DEFAULTSORT:まいくろめとる}}
[[Category:長さの単位]]
[[Category:SI単位の10進の倍量及び分量]]
17,390

回編集