「民事訴訟法」の版間の差分

→‎概要: 民事訴訟法は公法である旨の記述を追加。
m (Bot: ä → ä,ü → ü,Ü → Ü ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
(→‎概要: 民事訴訟法は公法である旨の記述を追加。)
 
制定当初から大正の大改正までの旧民事訴訟法をさらに「旧々民事訴訟法」と呼ぶことがある。旧々民事訴訟法の法制をめぐる研究は、ほとんどなくなってきている。たとえば、現行民事訴訟法第5条1号の[[財産権]]をめぐる特別裁判籍は旧民事訴訟法5条の義務履行地の特別裁判籍をそのまま引き継いだものであるが、旧々民事訴訟法第18条の契約の成立にかかる特別裁判籍を拡張し、契約の成立が立証できなくとも適用されるようになった経緯の論文は少ない。また、現行民事訴訟法第249条2項の弁論の更新は旧民事訴訟法で創設されたものであるが、旧々民事訴訟法の母法であるドイツでは裁判官の転勤がないため、不都合を生じた解決のためだったということがあげられる。
 
なお、民事訴訟法は、公権力の主体として国家とこれに支配される私人との間の裁判権行使の関係を規律する法規であるので、'''[[公法]]'''に属する<ref>裁判所職員総合研修所監修『民事訴訟法概説(九訂版)』 司法協会 ISBN978-4-906929-29-0 8頁。</ref>。
 
== 民事訴訟手続で採られる原則 ==
匿名利用者