「高森勇気」の版間の差分

見出し調整
(sty, typo)
(見出し調整)
チームの先輩である[[鈴木尚典]]を尊敬しており、鈴木が背負っていた背番号51番をいずれ引き継ぎたいと口にしていた。また同期の[[梶谷隆幸]]とは同級生ということもあり、仲が良い<ref name="toyokeizai"></ref>。
 
== 経歴 ==
小学三年時、父と兄の影響で野球を始める。当時はイヤイヤやっていたが、「辞めたい」と言いだせないまま続けていた<ref name="toyokeizai">{{Cite web|url= http://toyokeizai.net/articles/-/56741?page=2|title=24歳でプロ野球をクビになった男が見た真実 |publisher=東洋経済オンライン |accessdate=2014-12-26}}</ref>。中学時代は高岡シニアに所属。[[中京高等学校|中京高校]]では1年夏から正[[捕手]]を任され、高校通算30[[本塁打]]。[[日本の高校野球#全国大会|甲子園]]出場は無く、同高校の同級生に[[池ノ内亮介]](2010年[[広島東洋カープ]]育成ドラフト2位)。{{by|2006年}}の[[2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|高校生ドラフト]]4巡目で[[横浜DeNAベイスターズ|横浜ベイスターズ]]から指名され、[[10月14日]]に[[名古屋市]]のホテルで契約。